芦屋田工房へ    赤牛の目次
私は 肥後の赤牛 でーす

親牛を3頭、育てながら子牛を産ませて、
その子牛を1年育てて販売しています。
昔は、牛の働きがないと、農業はできなかったそうです。
現在は機械化されていますので、
牛は販売の為と、堆肥を作ることで、我が家に貢献しています。




妊娠中の牛を購入しました。
第二みのる牛
4月には出産予定でーす


      
牛のセリ場はこのように400頭の牛が続けて競り落とされていきます
親牛、よしこ牛は14年度 畜産共進会 肉用種牛の部で 
 名誉賞を頂きました。
芦屋田工房

〒861−3541  熊本県上益城郡山都町芦屋田204
坂本博幸 陽子
0967−72−2371 (FAX 共)