芦屋田工房へ戻る   肥後の赤牛へ  芦屋田農園へ

肥後ビーフ 夕暮れパティー
世界的な原油高騰による景気後退の中、牛肉の消費は一段と冷え込み、
牛の餌の飼料価格の高騰による畜産経営は非常に厳しい状況となっています。
この状況の中、生産者が立ち上がり、肥後の赤牛を生産する山都町の農家と、関係者が一体となって
赤牛の消費拡大を目的とした消費者へのアピールを行なうイベントを開催いたしました。
私達婦人部役員も微力ながら、まかない方の裏舞台で朝から奮闘してお手伝いを致しました

その様子をUPして見ました、一歩足を止めてご覧頂ければ幸いです。
尚 写真が上手く撮れませんでしたお許しください。
夕方の6:00から「夕暮れパーティー」
が始りました。
300名のお客様に参加を頂き
山都町で生産された肥後の赤牛1頭を
堪能して頂きました。

毎年 夕立に降られたりしていましたが
今年は晴天で夕方は少し風が出で最高の
「夕暮れパティー」の条件となってくれました。

婦人部で作った牛すじ煮込み、おにぎり
野菜、焼きそば、それにビンゴゲームでは
贅沢な牛肉ステーキなど景品が盛りだくさんで
会場もおおいに盛り上がりました。

最大の出し物「牛ももの丸焼き」焼き方にも力が入ります

牛肉のさばき方の実演です
筋の方向を見て包丁を入れていきます
今回の肥後の赤牛は肉質が「A3」で
店頭に並ぶ肉よりも1ランク上の肉質です、
本物の上質肉を食べとても満足されていました。
私の友達も参加して頂きました

また、遠く熊本市内からも御出で頂き
アトラクションでは思わぬ景品に
歓声の声が聞こえていました。

ありがとうございました。


私達振興実行委員はとても疲れましたが
牛肉のおいしさを伝える大役を果たせた
実感を味わいながらの楽しいコミュニケーションの
会場となりました、役員の皆様お疲れ様でした。

皆様に牛肉を堪能して頂く間に、周りでは
私達、振興実行委員が腕によりをかけて
焼きそばを作ったり
ビールを注いだり
ハンバーグを焼いたり、上手に出来上がった
牛すじ煮込みを注いで上げていました。