肥後の赤牛 龍太牛
昨年の暮れから私は大豆の収穫に忙しく
我が家のペット 龍太君の運動を室内で行なっていました。
その運動とは写真のように鼻元を短く、肩よりも上の方に
つなぎ、3〜4時間を耐える運動です。
その後は沢山の餌を与え体をブラッシングして
労わります、涙を流して耐えてくれましたが
背筋のピーンと張った、品評会に出してもいい評価がもらえるような
優良児が育ちました。2月が販売の月となります。
昨年から肉用牛の価格が低迷しています、心配です。