旭ハランの商品

旭ハラン苗の植え方  Q&A
早速のご注文ありがとうございます。
お問い合わせのご質問をUPいたしました、皆様もご参考にしてください。

A様・・・・旭ハランはいつ頃 植えていいのでしょうか?

B・・・・・旭ハランの定植は9月以降が条件的にはベストではありますが
     7月には新芽を出しますので
     現在から6月くらいまででしょう。
     旭ハランは寒さに強く、風通しの良い半日陰を好みます。
     (夏場 高温には要注意です、50から60lほどの日陰を作り、
     水はけの良いところで週 2回は水をかけてやるといいでしょう。)
 
     庭の木の下などは1夏場を越えれば多分大丈夫と思います。
     旭ハランのフを白く出す為、カンデンシャ(日覆い)を被せるのも
     1つの方法です。

     
A様・・・・植え込む時の、肥料など何か気になることがありましたら教えてください。

B・・・・・  有機肥料を入れると成長がいいようです。
      ハランを植え込むとき、ピートモス、3、クンタン、1 
      赤土、5、(土は庭の土でもOK)の割合で   
      つまり、ピートモス3、クンタン1、と庭の土と混ぜ合わせて、できた
      土にハランを入れ定植いたします。
      水はけがいい様になるべく広く土は耕し、定植する場所だけに
      ピートモス、5、クンタン、1と庭の土とを混ぜるだけでいいでしょう。
 
      ピートモスは園芸コーナー等にあります、(400円ほどから)
      クンタンも園芸コーナーにあります。(300円ほど)
 
      定植時お汁ワン3回ほどの上記の有機肥料を土と混ぜ、
      旭ハラン、2本程を植える。 
      (葉っぱの色が生き生きしてくる)・・・・その後、5月ごろ追肥
      (ピートモス、5、クンタン、1)をハランの周りにして置きます。
      1束が多くの株(5本から6本)で定植されると早くから
      美しいハランを楽しめます。
      7月頃 新芽の真っ白い葉っぱが出始め、これまた庭を映えさせます。
 
 *   私が最初に購入した時は2本づつ植えるようにとのことでした。
      しかし2年ほどは繁殖が遅く、5年目になると立派な株立ちとなりました。
      つまり 最初から見栄えのある庭のハランとするには
     5本から7本ほどの株を作り、植え付けをしていけば言いと思います。

     芦屋田工房TOPへ    芦屋田農園の商品