芦屋田工房へ戻る   芦屋田農園へ戻る  
   稲わらの収穫


18年10月13日


今日は外輪山の山並みが見えないくらい
煙霧が舞っています。
稲刈りが済むと次は稲わらの収穫なのです。
好く干しあげた稲わらは肥後の赤牛の主食として
1年分を牛小屋の2階に収納して置きます。夏場は野草や牧草、
冬場はサイロトウキビと稲わらを混ぜ合わせて
牛の餌として食べさせる大切な稲わらの収納を行ないます。
私も稲わらを結束していきます。朝晩は冷えるのに、
こんな日には真夏のように暑く汗ぼったりとなり、ダイエットが出来まーす。


片付けられた田んぼを
ハトがモミ拾いをしていました

田んぼから我が家へトラックターは走ります。
この稲わらを2階へ揚げるのが私の仕事、これが最初は辛かったーです。
今ではたくましいオッカサンへ変身しています。
あァァァ、、、、マタマタ  腕が痛い、腰が痛い 体が、、、、!
何年たっても 大変なはずです、力仕事ですもの(^^;
2階で主人が
黙々と奥の方から稲わらを積み上げていきます、主人の仕事のほうが
楽のようですが、これも難しく、沢山詰め込むのには力が必要です。
どの様な仕事も楽な仕事は少ないですよね