芦屋田工房へ戻る  芦屋田農園へ戻る   

       
田植えの準備が始まります
田んぼの周りの草切り   裏田編(谷間の場所の悪い田んぼ)


主人と2人で黙々と草を
切り進みます。
草刈機を上手に使えません
だから石とか、土なども
切りますので、私の
小さく細い眼に、
埃が飛びこんできます

細い目を益々細めて
作業しているオバサンです。

私の家の田んぼは
典型的な山間部の谷間にある
雨水と湧き水で米を作る農家です山に囲まれて傾斜が多く
田植えの準備には 田んぼの周りの草切りが重要な仕事となります

足場の悪い斜面で草刈機を
1日、肩に掛けて作業を
していると、体がバラバラに
成りそうなくらい疲れます。

ここの田んぼの最上段は
小さい
溜池を作っています
その上は杉山の大木となり
我が家の溜池へ水が
湧き出てくれます。
この田んぼの水が緑川へ
流れている源流の1本です。

とても 水がきれいで、最上段の田んぼは溜池として活用しています。
錦ごいの子供を8匹、溜池に入れました所、現在は50センチほどになり
全部で50〜60匹になって泳いでいます。
天敵が来ても、溜池の中に潜ることで身を護っているようです。

ほとんどのぜんまいは
葉っぱに成っていました 。
足場の悪い所にある、
ぜんまいを見て、今は亡き母が
よくぜんまい取りをしていた
ことを思い出します。
野焼きが済んだ土手はぜんまい、わらびが青々と
茂り、周りでは小鳥の雛を呼ぶ声がしています。

次の雨で荒田起しが始ります、雨が降ってくれないと
荒田起こしができません、
小さい溜池の水だけでは足りないのです。

もうすぐ田植え 
田植えには息子夫婦も孫と一緒に
手伝いに来てくれるでしょう
5/20頃 楽しみ多い、田植えが始ります。