芦屋田工房へ戻る   芦屋田農園へ戻る


19年 5月 田植えの準備

今年も田植えだよー
芦屋田農園の小さい田んぼにも田植えの時期が
やってきました。
前田(家の前に広がる水田地帯)と
裏田(山と山の間にある狭い谷間の水田)を
耕作しています。
前田編


           
芦屋田地区の家の前面にある
田んぼを前田と呼び、雨水と
貯水溜池の水で稲を作ります
今年は雨が少なく水取り入れの
管理に神経を使います。
5月の連休が過ぎると前田の畦の草切りが始ります。
肥後の赤牛の完熟堆肥が入った田んぼは地力が好く
畦の草も成長が早いようです。
荒田おこしが済んだ田んぼは順番に水が溜められていきます、
かえる達の合唱が始り汗を流して作業をした後、
このかえるの声を聞くとホットします(^0^)
かえるの合唱とつばめが飛び交い、田舎ならではの風景となりました
水を張った田んぼは苗が運ばれてきて田植えが始ります。

田植えをする前のこれまでの仕事が小さい農家の辛いところです
大規模農家はすべて大型機械が作業をしてくれますが
山間部の私達の所では共同作業するくらいで殆んどが手作業となります
大型機械は入らない、1枚が1反前後の田んぼが多く農作業の難しさがあります