「ゆかたボランティア」からの経過報告です。

                             23年5月25日 発行

熊本シニアネット情報室からの経過報告をします。 

                         シニア情報室 色見高司 


 石巻市泊浜地区の皆さんにゆかたを配った時の

現地ボランティアからのメールをお知らせします。 

*********** 現地のボランティアからのメール ************* 

昨日、石巻の泊浜(とまりはま)に届けて来ました。

10名程度の人々が住む小さな部落です。ものすごく喜んでいました。

20日も、配ります。感謝いたします。浴衣など、素晴らしいと思います。

****   ゆかたボランティアの東京の名木純子さんからのメール ********* 

おはようございます。現地からのメールを転送します。 

実はお写真まで付いていました。

被災のご夫婦が受け取った浴衣を胸に当てて微笑んでおられるものでしたが、

私がITに弱くて、思うように転送ができませんでした。 ごめんなさい。

文面はコピーできましたので、文面のみを転送します。  名木純子

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 

上記の報告が届きましたので報告致します。

尚  615日に再度「ゆかた、着物、羽織、等の和服」を集めます。
現在 200着ほど集まっています、ほとんどは大塚様の家で保管中です。
写真の着物が私の方に集まっている着物です。
ご連絡は山都町シニア交流会パソコン教室 担当  大塚 司

             坂本 陽子  携帯 09094821405

    たくさんの皆様にご協力頂いてます。
ありがとうございます。
上記の様に 集まる単位で
熊本シニアネット事務局の方へ
配送しています。

熊本シニアネット事務局の
色見様より「東京のゆかたボランティア」
名木純子様の報告がメールにて
届きましたので
山都町の方にも連絡を致します。