宝箱へ戻る

からだの不思議
今からでもからだを大切にしたいとの思いで
森 正敬先生(ハンドルネーム:げのむ様)に
お願いし、「げのむトーク」を連載いたします。
NO2
げのむトーク(コレステロールってなーに?)

メタボ検診を受けていられる人が多いと思いますが、
項目の中にコレステロールが入っていますね。
コレステロールが多すぎると、高コレステロール血症、さらに
動脈硬化をきたし、ひいては脳卒中や心臓病の原因と成ります。

ところで、「コレステロールは悪いやつ」と思っている人はいませんか?
これではコレステロールがかわいそうです。
コレステロールは体に大切な物質で、我々はコレステロールなしには
生きていけません。

それでは、どんな物質で、なにをしているのでしょうか?
脂質の一つで、細胞を包んでいる細胞膜などに含まれており、
膜の大切な部分の一つです。
だから、コレステロールが欠乏すると、細胞膜が弱くなり、
細胞も弱くなり、体も弱くなります。
また、コレステロールは糖質コルチコイドや鉱質コルチコイドや
性ホルモンなどの、いわゆる「ステロイドホルモン」の原料になります。
ちょっと 難しいですね・・・・・m(_ _)m


素人の私が思うのですが
コレステロールって、とても重要で、有る程度の量は必須項目なのですね。


コレステロールの名前の由来が面白いですよ。
コレステロールのもう一つの働きとして、肝臓で胆汁酸になり、
胆汁中に含まれて一二指腸から分泌され、小腸で脂質が
吸収されるのを助けます。
胆嚢に結石ができますが、最も多いのがコレステロール結石です。
コレステロール名前の由来は、コレ(胆汁)−ステロ(石)−オール(OH基をもつ)で、
胆石から名前が付けられたのですね。!

さて、いよいよ”悪玉”コレステロールと”善玉”コレステロールのお話ですが
次回のお楽しみに!

私の感想
コレステロールがからだの中でいろいろな働きをしていることに
驚きます、知らないことは強いもので
異常にコレステロール値を下げなければと考えたものです。
細胞を守り、ひいては体を一番大切にしてくれる機能だったのですね。
眼から鱗が落ちるとはこのことですね。

崇城大学の森先生 ありがとうございます。