宝箱へ戻る

からだの不思議
今からでもからだを大切にしたいとの思いで
森 正敬先生(ハンドルネーム:げのむ様)に
お願いし、「げのむトーク」を連載いたします。
NO23
げのむトーク  ワクチンについて

 
 娘: 「新型ウイルス」に対する「ワクチン」の開発が検討されているようだけど、
    早くできるといいね。数ヶ月かかるらしいけど、どうしてそんなにかかるの?

 父: その答えの前に、ワクチンについてどれくらい知っている?

 娘: 病原菌やウイルスなどの毒性をなくして接種すると、
    体内で「抗体」が作られ、
「免疫」ができて、
    その病原菌やウイルスにかかりにくくなるのでしょう?

 父: そのとおり。ワクチンには大きく分けて「不活化ワクチン」と「生ワクチン」が
      ある。「不活化ワクチン」は、化学処理や熱処理などによって死滅させた細菌や
    ウイルスを用いる。抗原部分(おもに、細菌やウイルスの表面にあるタンパク質)
    だけを取り出して使うこともある。死滅した細菌やウイルスなどの抗原は、
    体内で速やかに分解されるので、免疫反応を強めるために、
    2回以上接種する必要がある(追加免疫)。

 娘: 不活化ワクチンにはどんなワクチンがあるの?

 父: 代表的なものは、百日咳や日本脳炎やインフルエンザのワクチンなどだ。

 娘: もう一つの「生ワクチン」は、細菌やウイルスを生きたまま使うんでしょう?

 父: そのとおりだ。毒性を弱めた細菌やウイルスを使う。
    接種した細菌やウイルスは生き続けたり増殖したりするので、
    追加免疫は必要ない。ちょっと難しい話になるが、不活化ワクチンは
    「液性免疫(抗体による免疫)」しか獲得できないのに対し、

      生ワクチンは液性免疫に加えて「細胞性免疫(リンパ球や貪食細胞による免疫)」
    も獲得できるんだ。

 娘: 生ワクチンにはどんなものがあるの?

 父: 麻疹、風疹、ポリオのワクチンや、BCGなどだ。ポリオの生ワクチンは
    経口で接種するのは知ってるね。ポリオは、腸を中心に免疫ができるからなのだ。

 娘: 「トキソイド」はワクチンと関係ある?

 父: うん。細菌などが作る毒素(トキシン。多くはタンパク質)を取り出して、
    無毒化したもので、ワクチンの一種だ。ジフテリアや破傷風の毒素が代表的だな。

 娘: ワクチンというと、「ジェンナー」という人が、自分の子供にワクチンを
    注射している図が教科書にのっていたよ。

 父: ジェンナーは18世紀終わりごろのイギリスの医学者だ。当時、
    「天然痘」は死因の10−20%を占める恐ろしい病気だった。ところが、
    人が牛痘(牛の天然痘)にかかると(症状は軽い)、
    天然痘にかかりにくいことが知られていた。ジェンナーは
これに目をつけ、
    牛痘の病原体を人に接種して、天然痘を予防する方法を作った。
    これがワクチンの始まりだ。ちなみに、ワクチン
vaccineは牛を意味するラテン語らしい。

 娘: ジェンナーさん偉いね! ワクチンのおかげで、
    多くの感染症の予防が出来るようになったけど、副作用も問題になっているね。

 父: そうだね。ワクチンに対するアレルギーの人や、免疫不全の人は不適当だ。
    また、生ワクチンは軽い症状が出ることがあるので、要注意だね。

 娘: 最初の質問に戻るけど、ワクチンを作るのは大変なの?

 父: そうなんだ。新型ウイルスのワクチンを作るためには、大量の新型ウイルスが要る。
    ところが、ウイルスは生きた細胞でしか増えない。もっともよく増えるのが
    ニワトリの有精卵(スーパーの卵はだめ)だ。そこで、有精卵を使ってウイルスを培養し、
    増殖させ、それを集めて薬剤で死滅させてワクチンを作る。
    そのためには、すごい数の有精卵と設備と労力が必要で、数ヶ月かかることになる。

 娘: 大変なことがよく分かったわ。ところで、ウイルスと人との戦いは、
    いたちごっこ
みたいだね。もっとよい予防法や治療法はないの?

 父: それはなかなかむつかしいと思う。人間はひとりひとりの生死が問題になるが、
    
ウイルスは増殖の速度が速く、何億個、何兆個のウイルスのなかの一個だけが
    有利な遺伝子変異を起こし、その一個が増えれば勝ち、
    という戦略なので、きびしい戦いだね。



秋の訪れを漂わせるススキ
この10月、すごい勢いで
新型ウイルスが感染を続けています。
稲刈りの手伝いに来ていた孫も
福岡の方へ帰りすぐに学校で
ウイルス感染したようです。
今日は新型ウイルス、豚へ感染と
新聞に記載されています。
新型ウイルスのワクチンが足りず
怖いですね。
「不活化ワクチン」と「生ワクチン」
現在使われているのは「不活化ワクチン」
のようですがワクチンがたりず、
まずは1回だけとか?
孫の所へ飛んで行きたいのですが
新型ウイルスをもらう訳にもいかず、
何とも難しく、怖いウイルスですね。