宝箱へ戻る

からだの不思議
今からでもからだを大切にしたいとの思いで
森 正敬先生(ハンドルネーム:げのむ様)に
お願いし、「げのむトーク」を連載いたします。
No40
げのむトーク 

妊娠中のビオチンのサプリはご用心!

 父: 第38回のナイアシンに続いて、今回はやはりビタミンB群の「ビオチン」だ。
     ビオチンの働きは、またまた酵素を助ける「補酵素」として働き、「代謝」に必要だ。

 娘: いままでの話をまとめると、ビタミンB群のほとんどは補酵素として働き、
    代謝に重要ということになるね。ビオチンはどんな代謝に必要なの?

 父: 糖質の代謝にも、脂質の代謝にも、アミノ酸の代謝にも、
    「炭酸ガスを固定する反応」がいくつかあるが、ビオチンはこれらの反応に必要だ。

 娘: ということは、ビオチンが欠乏すると、糖質、脂質、アミノ酸の代謝がすべて障害されるわけね。
     とすると、ひょっとして、欠乏症は皮膚炎では?

 父: すごーい! そのひょっとしてなんだ。「ビオチン欠乏症」では、髪の毛が抜けたり、
     白髪になったり、湿疹や皮膚炎などの「皮膚症状」が出る。そのほかに、
     食欲不振になったり、疲れやすくなる。
    多くのB群ビタミンの欠乏症で皮膚症状が出やすいのは、症状が目立ちやすいこともあると思うな。

 娘: ビオチン欠乏症はどんなときに起こるの?

 父: ビオチンはほとんどの食品に含まれているし、「腸内細菌でも作られる」ので、
    欠乏することはほとんどない。しかし、次のような面白い研究の歴史がある。
    マウスに大量の生の卵白を食べさせると、皮膚炎が起こることが知られている。
    この皮膚炎を防止する因子として発見されたのがビオチンだ。

 娘: 面白いけど、よく分からないな。生卵白とビオチンはどう関係するの?

 父: 実は、卵白の中には「アビジン」とよばれるタンパク質が含まれているが、
    アビジンはビオチンと強力に結合する性質があり 、そのためにビオチンの吸収が障害され、
    ビオチン欠乏症が起こることが分かった。この結合は大変強いので、
    「アビジンービオチン系」として、研究や分析にも利用されている。

 娘: でも、卵をたくさん食べて、ビオチン欠乏症になるという話は聞かないよ。

 父: それは大切な点だ。アビジンはタンパク質なので、卵を熱で調理すると、
     アビジンはビオチンに結合する力を失うので、大丈夫というわけだ。
    生卵も毎食たべると心配だが、一日一回くらいなら平気だよ。

 娘: ところで、ビオチンの「サプリメント」は効くの?

 父: ビオチンが欠乏しているという証拠がない限り、サプリメントは不要と思う。
     一般に、「水溶性ビタミン」は体内に蓄積せず、すぐに尿中に排泄されるので、
    比較的安心といわれている。しかし、過剰のビオチンは体内に蓄積し、
    「催奇性」があるという研究もあるので、妊娠中の人や、その可能性のある人は、
    ビオチンのサプリメントは摂らないほうが安心だ。



芦屋田地区農道の草切り風景
中山間地はこの様にして
環境保全に努めています
今回はビタミンB群の「ビオチン」のお話ですね。
私達にはあまり聞きなれない言葉です。
このビオチンの働きも酵素を助ける「補酵素」として
「代謝」に必要であるそうです。糖質の代謝にも、
アミノ酸の代謝にも、ビオチンが欠乏すると、糖質、
脂質、アミノ酸の代謝がすべて障害されるとの事。
「ビオチン欠乏症」では、髪の毛が抜けたり、
白髪になったり、湿疹や皮膚炎などの「皮膚症状」が
出るとの事、、食欲不振になったり、疲れやすくなる。
多くのB群ビタミンの欠乏症で皮膚症状が出やすいのは、
症状が目立ちやすいから。ビオチンが欠乏していると
いう証拠がない限り、サプリメントは不要と思うそうです。
一般に、「水溶性ビタミン」は体内に蓄積せず、すぐに
尿中に排泄されるので、比較的安心といわれています。
しかし、過剰のビオチンは体内に蓄積し、「催奇性」が
あるという研究もあるので、妊娠中の人や、その可能性の
ある人は、ビオチンのサプリメントは摂らないほうが
安心と言うことですね。