宝箱へ戻る

からだの不思議
今からでもからだを大切にしたいとの思いで
森 正敬先生(ハンドルネーム:げのむ様)に
お願いし、「げのむトーク」を連載いたします。
No63
げのむトーク

 リノール酸とαリノレン酸は必須脂肪酸
娘: 最近、「エイコサペンタエン酸(EPA)」や「ドコサヘキサエン酸(DHA)」
    が健康によいと話題になっているけど、EPAやDHAってなに?

父: EPAやDHAは「多価不飽和脂肪酸」の代表的なものだが、EPAや
    DHAを理解するためには、「脂肪酸」一般について理解しておく
    必要がある。脂肪酸の構造は知っている?

娘: 炭化水素の鎖がつながっていて、端がカルボン酸になった分子で、
    CH3CH2CH2CH2−−−−−COOH(数字は下付き)という構造を
    しているのでしょう?

父: すごーい! 炭化水素の鎖の部分は疎水性で、カルボン酸の
    部分は水溶性だ。代表的な脂肪酸は炭素が16個の「パルミチン酸」
    (16:0)や18個の「ステアリン酸」(18:0)がある。(  )内の最初の
    数字は炭素数を示し、後の数字は「不飽和結合」、すなわち「二重結合」
    の数を示す。不飽和結合がないものを「飽和脂肪酸」という。

娘: 不飽和結合をもつ脂肪酸は「不飽和脂肪酸」だよね。

父: 不飽和脂肪酸の代表的なものに、「オレイン酸」(18:1)や
    「リノール酸」(18:2)や「αリノレン酸」(18:3)がある。

娘: これらの脂肪酸は習ったよ。この脂肪酸と「グリセロール」
    (グリセリン)が結合して「中性脂肪」ができるのでしょう?

父: そのとおり。中性脂肪は、正確には「トリアシルグリセロール」
    または「トリグリセリド」という。トリ(3の意味)アシル(脂肪酸の意味)
    グリセロールだから、名前から構造が分かるね。しかし、中性脂肪の
    ほうが分かりやすいので、中性脂肪を使おう。われわれの体内では、
    エネルギーが余ると中性脂肪を合成して脂肪組織に蓄え、
    エネルギーが必要になると、これを分解、酸化してエネルギー、
    すなわち「ATP」を産生する。

娘: 動物の脂肪は中性脂肪だけど、植物油も中性脂肪でしょう? 
    動物の脂肪は固体なのに、多くの植物油は液体なのはどうして?
 
父: よい質問だ。 飽和脂肪酸が多いほど固まりやすく(融点が低く)、
   不飽和脂肪酸が多いほど固まりにくい(融点が高い)。つまり、
   動物の脂肪は飽和脂肪酸が多く、植物油は不飽和脂肪酸が多い。

娘: なるほど。固体か液体かは、温度で変わるね。動物脂肪
   (ラードなど)は熱すると溶ける。

父: そうだね。ところで、「マーガリン」はどうして作るか知っている?

娘: 主に植物オイルから作ると思うけど、方法は知らない。

父: さきほど言った原理を使うのだ。植物オイルは不飽和脂肪酸が
    多いが、不飽和脂肪酸に水素を添加して飽和脂肪酸に変えると、
   固まってマーガリンが出来るというわけだ。

娘: そうなんだ! 脂肪酸の中には、食物から取り入れなければ
    ならないものもあるのでしょう?

父: 「必須脂肪酸」だね。「リノール酸」(18:2)と「αリノレン酸」
   (18:3)が必須脂肪酸だ。ここで、二重結合(不飽和結合)の位置が
   問題になる。不飽和脂肪酸は、端のメチル基(メチル末端)に
   最も近い不飽和結合が、メチル末端から数えて3番目にあるn3系
   (ω3系ともいう)と、6番目にあるn6系(ω6系)と、9番目にあるn9系
   (ω9系)とに大別される。

娘: わー ややこしいね。それで、リノール酸とαリノレン酸は何系なの?

父: まずオレイン酸(18:1)はn9系、リノール酸はn6系、
   αリノレン酸はn3系だ。

娘: どうしてこれが大切なの?

父: ヒトは二重結合を作る不飽和化酵素を持っているが、
    n9系(オレイン酸など)からn6系(リノール酸など)を作れないし、
    またn6系からn3系(αリノレン酸など)を作ることは出来ないのだ。

娘: つまり、n3系からはn3系のみ、n6系からはn6系のみ、
    n9系からはn9系のみ、というわけね。それで、リノール酸と
   αリノレン酸が必須であることが分かったわ。リノール酸や
   αリノレン酸などの不飽和脂肪酸は植物油に多いので、
   植物油をたくさんとればいいの?

父: まあそうなのだが、バランスが大切だ。不飽和脂肪酸は一般に
    植物油に多く、肉の脂身には少なくので、動物脂肪ばかりはよくない。
    また魚類には大切な脂肪酸が含まれているので(次回の予定)、
    動物と植物と魚類から脂肪をバランスよく摂ることが大切だ。
    ついでに言っておくと、エネルギーの20−25%を脂肪でとるのが
    よいとされており、少なすぎても多すぎても健康を損なう恐れがある。

娘: またまた「バランス」だね!
写真が秋の花と成りごめんなさい。
この所、写真を写すチャンスに恵まれず
昨年秋の写真と成りました。
明日は荒尾市の方から研修にご来店頂きます。
昨日までは私自身が婦人会の研修等に出かけて
いましたので今日はゆっくり、
お話内容などをまとめ、心の準備をしようと思います。
何しろ、数人のお客様はお越し頂いても
団体様は初めての経験、ちょっと心配です。
森先生からのトークもなかなか進まず、
難しい内容ですが要はサプリメントなど取り過ぎは
かえって体に害をおよぼす事なんですよね。

芦屋田工房TOP