宝箱へ戻る

からだの不思議
今からでもからだを大切にしたいとの思いで
森 正敬先生(ハンドルネーム:げのむ様)に
お願いし、「げのむトーク」を連載いたします。
No83
げのむトーク

 酒に強い人はアルコール依存症になりやすい

 娘: 前回の続きだけど、「アルコール依存症」はどんな病気なの?

 父: 「アルコール依存症」自分の意志で飲酒をコントロールできなくなり、
     強迫的に飲酒を繰り返す「精神疾患」で、「薬物依存症」の1つだ。
     いつもアルコールに対する強い渇望感があり、重症になると
     「離脱症状(禁断症状)」が出る。
     かっては「アルコール中毒」とか「アル中」とかよんでいたが、いまは使われなくなった。

 娘: 離脱症状でどんな症状が出るの?

 父: アルコールを中断すると、頭痛、不眠、イライラ感、手足の震えなどが起こり、
    さらに妄想や幻覚などが起こるようになる。

 娘: わ〜こわいね。アルコール依存症の人はどれくらいいるの?

 父: 日本の飲酒人口は約6000万人で、このうちアルコール依存症の患者は
     230万人程度といわれている。
     飲酒者の26人に1人がアルコール依存症という計算になるな。

 娘: 結構多いね!アルコール依存症の治療はどうするの?

 父: 「断酒」するしかないが、本人に意思だけではほとんどやめられないので、
     病院にかかって治療することになる。
     「精神科」が専門で、「抗酒薬」を使って治療することが多い。
     「断酒会」などの「自助グループ」に参加することも有効だ。
     通院と抗酒薬と自助グループへの参加が、「断酒の3本柱」といわれている。
     そして、「HALTの法則」がある。

 娘: その「HALTの法則」ってなに?

 父: HALTは停止するという意味で、H(ハングリー)はお腹を減らさないこと。
     A(アングリー)は怒らないこと。
     L(ロンリー)は独りにならないこと。T(タイアド)は疲れないこと。

 娘: よく出来ているね! ところで、「抗酒薬」はどんな薬なの?

 父: それが、「ALDH(アルデヒドデヒドロゲナーゼ)」の働きを阻害する薬なのだ。
     服用すると、血中に「アセトアルデヒド」が蓄積するため、
     不快感で酒が飲めなくなるというしくみだ。

 娘: ということは、酒が飲めないAA型の人と同じような状態になるわけね。

 父: そのとおり。この薬を飲んで大量のアルコールを飲むと、
     命にかかわる危険があるので、医師の指導下に服用することが必須だ。

 娘: お酒に弱い人にお酒を無理に勧めるのも、同じように危険なのね。
     ところで、「アルコール依存症」と「ALDH(アルデヒド脱水素酵素)」の
     タイプとの間に関係はあるの?

 父: 大変よい質問だ。まず、「AA型」はアルコールがほとんど飲めないので、
     アルコール依存症になる心配はない。
     さて、これが重要だが、酒に強い「GG型」のほうが酒に弱い「GA型」より、
    6倍ほどアルコール依存症になりやすいのだ。

 娘: そうなんだ。でもどうしてなの?

 父: GG型の人はアセトアルデヒドの毒性が出ないので、どんどん飲み、
     飲酒量が多くなるためだと思う。欧米ではほとんどGG型なので、
     アルコール依存症が多く、深刻な社会問題になっている。

 娘: 男性に比べて、女性のほうがアルコール依存症になりやすいと聞いたけど、ほんとなの?

 父: よく知っているね。台所で飲み始めて依存症なる女性が多く、
    「キッチンドリンカー」とよばれて話題になっているね。
    女性は同じ量のアルコールで、男性より2倍ほど悪影響が出るといわれている。

 娘: へ〜そうなんだ。理由は分かっているの?

 父: 女性は一般に体が小さいし、水分の割合が低く、女性ホルモンが
     アルコール代謝を阻害するなどの理由によると考えられている。

 娘: お酒は節度が大切ね。話は変わるけど、アルコールは人間が飲み始めたものでしょう?
     アルコールを分解する酵素があるということは、体の中でアルコールができるの?

 父: 大変よい疑問だ。その話は次回にしよう。



芦屋田公民館の周りは春の花が
咲き乱れています
「高齢でがんにも痴呆症にもならず元気な人は、
もちろん努力もありますが、たまたまよい遺伝子に
恵まれてラッキーという面が大と思います。
元気であることを感謝し、楽しむことは
大切ですが、周りに病気の人がいるかもしれません
「そっと」楽しむ配慮が必要かもしれませんね。」と
森先生がお話してお出ででした。
私も健康に恵まれると周りの事に注意を怠り
ちょっとはしゃぎ過ぎる事があります、先生の言葉を
肝に念じて時々「キッチンドリンカー」的、アルコールの
飲み方を控えなければ!本物の依存症になっては
困りますからね(~Д~)