宝箱へ戻る

からだの不思議
今からでもからだを大切にしたいとの思いで
森 正敬先生(ハンドルネーム:げのむ様)に
お願いし、「げのむトーク」を連載いたします。
No91
げのむトーク

糖尿病(1):血糖はなぜ大切か?

 娘: 友達のお父さんが「糖尿病」で、最近目と腎臓が悪くなった
     みたいで心配しているよ。糖尿病は怖いね。

 父: 多分「糖尿病性網膜症」と「糖尿病性腎炎」だと思うよ。この2つに
    「末梢神経障害」を加えて、「糖尿病の3大合併症」というんだ。

 娘: 糖尿病の定義はあるの?

 父: これが結構難しいが、「インスリン作用の不足によって起こる高血糖を
     主な症状とし、種々の代謝異常をきたす病気」だ。糖尿病を理解するためには、
     血糖について知っておく必要がある。ところで、「血糖」とは何か知っている?

 娘: 血中の「グルコース」、または「ぶどう糖」でしょう?

 父: そのとおり。血糖はきわめて大切で、その濃度、すなわち
     「血糖値」は厳密に調節されている。

 娘: どうしてそんなに大切なの?

 父: われわれのエネルギー源を考えてみよう。
     食物中の「3大栄養素」の割合は知っている?

 娘: 「3大栄養素」は「糖質」と「脂質」と「タンパク質」で、最も多いのは糖質でしょう?

 父: そうとおり。国で定められている目標の割合は、糖質が50〜70%、脂質が
     20〜25%、タンパク質が20%未満(男性60g、女性50g)だ。つまり、エネルギー
     源の3分の2が糖質ということになる。では、糖質の消化、吸収は知っている?

 娘: 米でも麦でもイモ類でも、主な糖質は「でんぷん」で、消化管の
     消化酵素でグルコースに消化され、小腸から吸収されるんでしょう?

 父: よく知っているね。吸収されたグルコースは血液に入り、血糖となる。食後に
     血糖が上昇するのはそのためだ。ちなみに、「血糖値」は空腹時には
     70〜90mg/dLに維持されており、食後は140mg/dLくらいまで
     上昇し、2〜3時間で元へ戻る。

 娘: 血糖はいろいろな臓器に取り込まれて使われるんでしょう? 
     では、空腹時は血糖はどこから来るの?

 父: 大変よい質問だ。血糖はどんどん使われると同時にどんどん供給され、
     一定の値に保たれる。もし供給が止まると、血糖は数分以内になくなってしまう。
     では、食物から取り入れたグルコースは、一部は使われるけど、残りはどうなる?

 娘: あっ そうだ。肝臓で「グリコーゲン」に変えて蓄えるんだ。

 父: そのとおり。空腹時にはこのグリコーゲンを分解して血糖に変える。つまり、
     肝臓では食事ごとにグリコーゲンの合成と分解が繰り返されているんだ。

 娘: では、グリコーゲンがなくなったらどうなるの?

 父: またまたよい質問だ。肝臓のグリコーゲンは、半日ほど絶食するとほとんど
     なくなってしまう。すると、「体のタンパク質」(主に「筋肉タンパク質」)をアミノ酸に
     分解し、アミノ酸から肝臓でグルコース、つまり血糖を合成するんだ。
     専門的には、これを「糖新生」という。

 娘: つまり、絶食時には自分自身の筋肉を食べているという訳ね!

 父: そういうことになるな。体タンパク質の大部分は「筋肉タンパク質」だ。筋肉の主な
     働きは運動や姿勢保持だが、「エネルギー貯蔵庫」としての働きも大切なんだ。

 娘: そういえば、過度のダイエットをすると、脂肪だけでなくタンパク質も減るので、
     よくないと聞いたよ。ところで、「脂肪」からは「グルコース」は出来ないの?

 父: 脂肪(正確には脂肪酸)は分解されてエネルギー源になるけど、グルコースには
     ならないんだ。グルコースは脂肪になるのに、逆は駄目なんだ。

 娘: では、血糖が下がりすぎるとどうなるの?

 父: その話は次回にしよう。

糖尿病とは怖い病気と聞いていましたが
「糖尿病性網膜症」と「糖尿病性腎炎」
「末梢神経障害」の糖尿病の3大合併症が
あるのですね。糖尿病とはインスリン作用の
不足によって起こる高血糖を主な症状とし、
種々の代謝異常をきたす病気なのですね。
「血糖」について分かりやすく教えて
頂きました。「血糖」が足りなくなった時は
自分自身の筋肉を食べて補っている
なんてびっくりですね。私も少し「血糖」が
高めですので要注意です。
だいぶん休んでいた森先生のトークを
再スタートさせます。
取り壊しが決まった荒瀬ダム