宝箱へ戻る

からだの不思議
今からでもからだを大切にしたいとの思いで
森 正敬先生(ハンドルネーム:げのむ様)に
お願いし、「げのむトーク」を連載いたします。
No103
げのむトーク

がん遺伝子はアクセル踏み込んで戻らない

 
娘: 「がん」が、いくつかの「がん関連遺伝子」の「変異」が重なって
     起こることは分かったけど、「がん関連遺伝子」はどんな遺伝子なの?


 父: まず、がん関連遺伝子は「がん遺伝子」と「がん抑制遺伝子」の二つに
     大きく分けられる。


 娘: そうなんだ。では、「がん遺伝子」と「がん抑制遺伝子」は
     それぞれ何種類くらいあるの?


  父: 現在までに、「がん遺伝子」は約100種類、「がん抑制遺伝子」は
     約50種類見つかっている。


 娘: わ〜 たくさんあるのね! ではまず、がん遺伝子ってなに?

  父: 「がん」は「細胞増殖の暴走」といえるが、これを自動車の暴走に
     たとえてみよう。そうすると、「がん遺伝子」はアクセルをいっぱい
     踏み込んでロックされた(元へ戻らなくなった)状態といえるな。


 娘: そうすると、自動車は確かに暴走するね。では、
     がん遺伝子はどうして生じるの?


  父: 「がん遺伝子」は、元は大切な働きをしている正常遺伝子が変異して
     生じるんだ。元の正常遺伝子を「がん原遺伝子」という。


  娘: 普通の少年が暴走族になるみたいね。では、がん遺伝子の元の
     がん原遺伝子は、どんな働きをしているの?


  父: よい質問だ。「がん原遺伝子」のほとんどは、細胞増殖に必要な
     遺伝子なんだ。細胞増殖には数100種類の遺伝子が働いていると
     考えられるが、がん原遺伝子はその中に含まれている。


  娘: 「細胞増殖」に、なぜそんなに多くの遺伝子が必要なの?

  父: 細胞が分裂して増殖するためには、ゲノムを複製し、複製した染色体を
     間違いなく2つに分離し、細胞を2つに分け、まったく同じ娘細胞を
     作らなければならない。このためには、たくさんの遺伝子が必要なんだ

   娘: そういわれるとそのとおりね。でも、
     こんなに多くの遺伝子があると、こんがらがらがりそうね。

  父: ところが、これらの遺伝子は整然と配置されていて、整然と働くんだ。
     これらの遺伝子は、ちょうど電気製品の配線図か東京の路線図のように、
     「複雑なネットワーク」を作っている。そして、この上を
細胞が増えろ
      いう情報が流れることによって、細胞増殖が起こる仕組みになっている。


  娘: むつかしいな。その「細胞増殖のネットワーク」に含まれているがん原遺伝子が
     変異すると、がん遺伝子になるということね?


  父: そのとおり。まとめると、「がん原遺伝子」(アクセル)が変異によって
     異常活性化されて「がん遺伝子」となり(アクセルを踏み込んで戻らなくなった
     状態)、細胞増殖が暴走する、つまり「がん」になるというわけだ。


  娘: では、がん遺伝子にはどんな遺伝子があるの?

  父: 専門的になるけど、「ras(ラス)遺伝子」や「myc(ミック)遺伝子」などが
     よく知られている。
     両方とも、元は細胞増殖に必要な遺伝子が「異常活性化」されたものだ。


  娘: ところで、がん遺伝子のほとんどは細胞増殖に関係するということは、
      細胞増殖以外にもあるということね。


  父: よく気がついたね。がん遺伝子の一部は、がんの「浸潤」や「転移」に
      関係すると考えられる。


  娘: がん遺伝子がなんとなく分かったよ。では、もう1つの「がん抑制遺伝子」だけど、
     がんを抑制する遺伝子があるの?!


   (次回へ続く)
森先生、本当にすみません。
すっかりご無沙汰していました。
再度 出直しいたします。
シリーズ 「癌について」
私の一族も「ガン」を患うが
数人いますが
私は突然変異のガンはいらないと
体に言い聞かせています。
次回の「がん抑制遺伝子」を
楽しみに毎日を過ごしています。
写真は杉山に沈む夕日を
写してみました。
私のデジカメも骨董品に入る
くらいの
古いカメラで
ようやく使い方を覚えた頃は
取り込み部分が壊れたようです。