宝箱へ戻る

からだの不思議
今からでもからだを大切にしたいとの思いで
森 正敬先生(ハンドルネーム:げのむ様)に
お願いし、「げのむトーク」を連載いたします。
No104
げのむトーク

がん抑制遺伝子は車のブレーキ

  
  娘: 前回は「がん遺伝子」について勉強したけど、もう1つは「がん抑制遺伝子」ね。
     名前からすると、がんを抑制する遺伝子があるということ?


 父: そうなんだ。最初に発見された時は、みんなびっくりしたな。

  娘: では、がん抑制遺伝子はどんな遺伝子なの?

 父: 「がん原遺伝子」が「アクセル」で「がん遺伝子」は「アクセルを踏み込んで
     戻らない状態」に例えたね。これに対して、「がん抑制遺伝子」は
     「ブレーキ」で、「がん抑制遺伝子の変異」は「ブレーキの故障」による暴走だ。


  娘: なるほど。確かに、アクセルを踏み込みすぎても、ブレーキが故障しても、
     車は暴走するね。では、がん抑制遺伝子はどんな働きをするの?


 父: 前回、「がん(原)遺伝子」が「細胞増殖のネットワーク」に含まれていると言ったが、
    「がん抑制遺伝子」もやはりこのネットワークに含まれているんだ。


  娘: でも、がん原遺伝子とは働きが違うのね?

 父: そのとおり。「がん原遺伝子」が「細胞増殖を促進」するように働くのに対し、
    「がん抑制遺伝子」は「細胞増殖を抑制」するよう
働いている。

 娘: それで、がん抑制遺伝子を車のブレーキに例える理由がわかったわ。でも、
     がん原遺伝子とがん抑制遺伝子は壊れ方が違うというか、逆方向ね?


 父: よく気がついたね。すごく大切な点だ。「がん遺伝子」は「がん原遺伝子」が
    「異常活性化」されて出来るのに対し、「がん抑制遺伝子」は
    「活性が失われて」がんになるんだ。


  娘: そうなんだ。がん抑制遺伝子は50種類くらい見つかっているという話だけど、
     どんな遺伝子があるの?


 父: また専門的になるけど、「Rb遺伝子」や「APC遺伝子」や「p53遺伝子」
     などがよく知られている。「Rb遺伝子」が変異すると主に「子供の眼のがん」を
     起こし、「APC遺伝子」が変異すると主に「大腸がん」が起こる。


  娘: もう1つのp53遺伝子は聞いたことがあるよ。

 父: 「p53遺伝子」はがん抑制遺伝子の中だけでなく、がん関連遺伝子の中で最も
      重要な遺伝子なんだ。ちなみにp53という名前は、p53遺伝子からできる
     タンパク質の分子量が約53000、つまり
p(rotein)53から付けられたんだ。

  娘: なるほど。では、p53遺伝子はどんながんと関係があるの?

 父: それが、ほとんどのがんと関係がある。p53遺伝子の変異は、ヒトのがんの
     中で最も多く、実にすべてのがん患者のおよそ半数に見つかっているんだ。


  娘: がん関連遺伝子が100種類以上あるのに、p53遺伝子の変異ががんの約半数に
     見つかるのはすごいね。では、p53遺伝子はどうしてそんなに重要なの?


   (次回に続く)

ようやく、今年の稲の収穫が終わりました
義父達は稲の収穫に命をかけてきた人です。
だから、現在90歳になっても、
米の収穫はどうだった?と収穫の量を聴きます。
私達はお米だけでは生活出来ません、
まして、我が家のように5反ほどの面積で水稲を
作る、小さな農家はモミをライスセンターで加工して
頂く、加工代とコンバインを持っていない所は
1反に13000円から15000円を払っていると
手元に残る残金はほとんどありません。
現在は生活を後継者が引き継いでいる老人が
一番幸せな時代かもしれませんね。