芦屋田工房へ戻る

               
陽子の日記
目次へ戻る
平成18年 1月 
 2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
                       平成18年 1月のできごと            
    1月29日
主人の弟夫婦が大阪より帰って来ました
母の様子を見に来てくれたのです、
母が少しでも意識があれば良いのですが
何処まで意識があるのか分りません、
ただ目だけが動くだけなのです、
声を掛けても反応せず、
悲しいばかりです。
1週間に2、3日は熱が無く目を
動かしてくれます。
この所は熱がでて、
全然反応がありません、心配です。
   1月26日
この晴天の間に今日はお手伝いに来て頂いて
雪で隠れていたちよね堀り、ちよねの収穫です。
凍り上げる霜柱で死ぬ事も無く
白く可愛いい、くねくねとしたちよねが、
一鍬ごとにダイヤの様に
土の上にばら撒かれます。
ちよねの苗を植えるときは日当たりが良いのですが
冬は山陰となり 
とても冷たく手が切れる様な所です
   1月25日


この緑大豆は昔からこの地に
伝わる田舎納豆用大豆です
晴天が続くこの2、3日
大豆をあやす機械が壊れていますので、 
昔から使われている手作業のぶりこを
使って、大豆をあやし(脱球)ています。
気が遠くなるような仕事です。
最初はどうなるものかと心配しましたが
残り3分の1と成りました。
明日は採れた大豆で、
納豆を作ってみようと思っています。
病床の母の様子が悪く 夜は病院へ
足先から壊死が始まったのです。
本当にかわいそうな母です 
どうしてあげる事も出来ないのです、
そんなこんなで
ホームページの更新が遅れてしまいました
    1月21日
12月からの雪は私の大豆にも大打撃
なんと 
農協の大豆用脱穀機械が壊れたとのこと。
雪降る日々の為 
しっかり乾いてない大豆の脱穀があり
機械が壊れ 使用不可と成ったとのこと。
うわー 私の大豆、、、、、
どの様にして大豆シノをしたらいいのかしら 
天気は悪いし 倉庫、 車庫、
ビニールハウスといっぱい大豆があるのに、、。
毎日 
注文の電話は鳴るのに本当に申し訳ありません
現在はちよねのしそ漬けの販売をしています。
   1月18日


お鏡餅を竹に刺し
焼き上げます。
天気のよい日 大豆の脱穀に追われました、
1人仕事はなかなか進みません
15日の日は芦屋田地区でも
恒例のドンドヤが行われました。
お正月に飾った 飾りものなどを燃やします。
3、4メーターの竹とか老木の木々 
雑木などを組み合わせ 
大きなやぐらを作り早くから火を放ち
芦屋田地区の皆さんが集まる頃は大木が
ドンドンと燃え盛っています。
そこで出来た火で御鏡餅を焼き、竹がっぽに
沸かしたお酒で新年のお祝いを
地区の皆が集まって祝います。
    1月14日
寒い為 大豆は殻に入ったままですが
暖かい雨が降ると
大豆が膨張して落下してしまいます
雨に濡らさない為 一生懸命です。
何回も車で家の車庫に運び入れました
次に天気が良くなってから
大豆の脱穀を行います。
いつもは 昨年の内に終わっている仕事ですが
1ヶ月早い雪のため 遅れてしまいました
    1月13日
今日は昼ごろから雨 
雨まえに一枚の写真を撮ってみました。
10日の日からようやく天気が良くなり 
12月始めに大豆の収穫が雪のため
中途半端になっていたのをせっせと
取り入れ方を始めました
田舎の静かな風景は車が時々
花を揺すっていきます
    1月11日
昨日からようやく暖かくなり 
収穫が遅れていた大豆畑へ出かけてみました
畑の雪も日当たりの良い場所は雪が解けて
乾いています。大豆は強いですねー。
殻に入ってシャンと立っているのもあれば
倒れて横になっているのもあります。
かわいそうな大豆、はやく 
この天気のよい時に乾いている
大豆を家へ運びます。
   1月9日
7日はページの更新だけで日記の
更新をしていませんでした
申し訳ありません。
まだまだ カメラの仕様書と
「産直農家のデジタル写真入門」
の本とにらめっこしながら
写真を撮っています
今日は朝日を入れた漬物の写真を
撮ってみました。
「しの漬け」 、
椎茸を麹と辛子で漬け込みます
私の大好きな漬物です。
   1月6日


朝 早起きをして
3日坊主の運動に出ました。
どっしりして重いNikonのカメラ 
今日さっそく説明書を片手に何十回も
シャッターを押してみましたが
なかなか良い写真が取れません
今日のHPに是非 載せたかったのに残念です。
明日 1枚は良い写真が取れますように、、、、。
熊本の私の所も 雪 うんざりするようになった雪
7cmほど積もったようです。
   1月4日


今朝は道路が
凍結していました


ようやく
カメラをパソコンへつなぐことが出来ました
次は写真の写りを少しでも良くなる様にします。
すべてが一生懸命
オバサンに成ると
解釈に時間がかかり困ったものです。
Nikon coolpix5700 中古のカメラを購入しましたが
パソコンとつなぐCD−ROMが入っていなく
ようやく今日パソコンへ取り込み可能になりました。
写真は 1月2日に 
朝日を受けて輝いている近所の雪道を写して見ました
    1月2日
明けまして おめでとうござます

年越しの夕食から尾頭付きの鯛の塩焼きの懐石料理に
四苦八苦しながら作り上げ 
またすぐに年越しそばの料理と
7人前を作るのにあたふたしながら
新年を迎えました。

田舎の方の正月は主婦にとって大変いそがしいのです。
皆様の家庭では 如何でしょうか?
芦屋田工房
〒861−3541  熊本県上益城郡山都町芦屋田204
坂本博幸 陽子
0967−72−2371 (FAX 共)