日記の目次へ


陽子の日記
20年11月
   11月28日
ダラダラと2、3日おきに雨が降り
大豆の収穫ができない状態です。
秋の初期からいきなり冬の感じで
戸惑いながら納豆作りに励んでいます。
おかげ様で地域では納豆屋さんで人気を
頂き、ボランティヤのパソコン教室、
日舞の慰問等で充実した日々を
過ごしています。このところHPの方が
おろそかになってしまい申し訳
ありません。25000番のプレゼント
企画今回はどなただったのでしょう、
連絡をお待ちいたします
庭に植えた自己流の大輪の菊も寒さに震える時期となりました。
畑の隅では山葛?の実に鳥達が集まっています、カメラを向ける前に
飛び発ってしまいました。一方、大豆畑では狸かキツネでしょう、
セッセと大豆を食べています、少しの被害は眼を瞑り
早く晴天になることを願っています

 秋のはじめ頃咲き始めた大輪
現在の菊
   11月19日
朝 9:00
小屋に積もる初雪
昨日の朝 ちょっとだけ、焼けるような
朝日でしたが今朝は初雪、
何とも、極端な日々に震え上がります。
ホームページプレゼント企画25000番を
クリア致しました。
何方からのメッセージが届くか楽しみです。
溶けはじめた初雪を見ながら私も
農作業では本格的な冬の準備を始めます。
皆様も季節の変り目、お体を
ご自愛ください
   11月18日
数年前の11月の始めは霜が降って震えて
いましたがこの頃は暖かくなって早朝も
8〜9℃の温度と成っています。
しかし 山の景色は紅葉で彩られ
1日ごとに冬を迎える準備をしています。
先日 滋養農園様より高麗人参の種を
購入、さっそく種を蒔いて見ました。
九州の山奥で生息できるのか分りませんが
標高500mに対応できる品種かどうか、
温暖化の影響で発芽、成長は
無理かも知れません。
ダメで元々、発芽してくれれば幸いです。
おかげ様で今年はみどり大豆が豊作で収穫と
みどり大豆を使った納豆の販売に
追われ、嬉しい悲鳴をあげています。
   11月7日
5日から6日にかけ山陰の出雲大社
へ団体ツアーで出かけてきました
熊本の私達のところからは600q
長時間のバスツアーでしたが
神々が集まると言う出雲へ
神殿へ上がり、御祓いを受けると
心安らぐ心境となりました。
帰ってからは納豆作りに気を入れ
て頑張ります.


山陰道を走ると回りの山並みの美しさに
眼を見張るひとときの時間を頂きました。
私達のところも冬は寒い所ですが
この地はもっと厳しい所のようです。
>石見銀山遺跡、間歩の入り口
   11月3日


花の苗を皆で植えた公民館
今が一番の見ごろを
迎えています
台所に掛けているカレンダーが残り
2枚だけと成りました、風に煽られて
寂しく舞っています。早いですねー、
秋が来て収穫に追われて気が付くと
冬となっているのでしょう
私はこの歳に成ってPCのこと写真の
事、商品の勉強と若返ってやる気満々
ただ悲しい事に、頭と体が付いて
いけず現在のHPから進んでいません。
写真を町の文化祭へ展示してみました
が、緒先輩の方の写真を見ていると
恥ずかしくなります、しかし 
これも経験、図太く進みます。

芦屋田工房へ戻る