日記の目次へ    


陽子の日記

20年2月
20年の目次へ
    2月25日
孫の机、長女の子供、
いつき君 4月から待望の1年生。
ランドセルから机と準備ができました。
楽しい学校生活ができますように、
遠い山都町の方から祈っています。
その前に卒園式がありますね、
たのしかった保育園生活にお別れの
時期が近づいています、
泣かないでね
(^!^)v
   2月24日
今年の2月は寒暖の差が何時もの歳よりも強いように感じます
周りの山々に雪が積もり九州なのに朝晩は冷蔵庫に入っているように
手足が冷たく、体の動作が鈍ります、
そんな中、肥後の赤牛が男の子牛を出産いたしました。
23日の朝4:00頃、牛の鳴き声で眼を覚まし、牛小屋へ行ってみると
すでにお産が済んで子牛が生まれていました。
自然分娩で生まれた子牛はこの数年、はじめての事です。
親牛に栄養剤を飲ませ、牛の子の性別確認、男の子牛です。
我が家に子牛の成長は家族が増えたようで楽しみができました。
   2月18日
孫の発表会、時代の流れを感じる時間でした
現在の子供達は会場から豪華で文化ホールで
有り、大人顔負けの公演でした。私も日舞を
習っていましたが最初の舞台は
ドキドキと怖いものでした。こんなに小さい時から
舞台に立てば末は楽しみですね
   2月13日


陽の射す中に降る雪を写してみましたが
光り輝いてはくれませんでした。
またまた全国的に雪との事
お昼まではうっすらと積もりましたが、
今は雪もとけ冷たく小さい雪が絶えることなく
降っています
4月から小学校へ行く予定の孫から
スカイメールが届くようになりました。
文字も書けなかった孫が・・・・・・
娘に問い合わせると孫が1人で書いた文字との事。
喜ぶべきか、学校へ行く前からメールが
出来ることは私からすると
怖い方が先に考えてしまいます。
公民館前の梅に花つぼみができて来ました


通潤橋からの放水
  2月9日
全国的に雪、昨日の天気は嘘のように
うっすらと雪化粧、庭のバラが震えています

昨日の夕日はとても綺麗でした、今日は大豆を蒸して味噌つくりです。
雪の降る寒い日に手足の冷たさも忘れて味噌を作ります。
ワンちゃん味噌は先ず予約を頂いているお客様の分から作り始めました
芦屋田農園で採れたお米「森の精霊」を山都町馬見原の秦麹屋さんで
作って頂いた米麹と緑大豆、昆布を使って作ります。
美味しい手作り味噌を加工所の隅のほうに寝せていきます。
  2月7日
山に住む私達が眼にする事の
少ない壱岐の船着場

お互いに教えあうパソコン教室
生徒さんがだいぶん増えてきました
いろいろと母の法事、PCのトラブル、研修旅行とPC環境から
離れてしまい、申し訳ありませんでした。

心あらたにHPの更新を進めます。
  2月2日
1月の末でパソコン関係の手続きが
切り替えの期限となり、
何も理解できずに加入していた分野を
切り替えることとしました。
しかしこのため私のHPを訪問して頂く
お客様にはご迷惑をお掛けいたしました。
我が町の周りを囲む山々に雪が積もると
底冷えのする寒い日々となります。
明日は儀母の3回忌を行ないます、
暖かい日でありますように。

芦屋田工房戻る