日記の目次へ


陽子の日記
21年10月
   10月28日
熊本シニアネットのハイキングクラブの阿蘇、 根子岳
の様子をフォトストーリー3で見せて頂きました。
いいですね! 阿蘇の紅葉は素晴らしい!
若き頃、(独身時代)は愛知県の方にいましたので、
職場の仲間とハイキングに
岐阜、長野の山々へ出かけた思い出が蘇ります。
私は身近な山都町の通潤橋周辺を散策、
秋を探して写してきました。
この季節、通潤橋には大勢の小学生の遠足が
続いています、ボランティアの観光案内のオジサン達と
仲良く駐車所へ戻ってくる姿はほほえましい所です。
山都町にも自然がいっぱいです。
11月1日から町主催の文化祭が始まります。
私はHPの練習用に写した写真を数枚、
展示会に出してみようと時間を見つけてはカメラを
握って秋を探して、写しまくっている、この頃です。
   10月26日


どこにでも上がる朝陽ですが
夜明けはいいですね。
昨夜、我が町、山都町の町議選が
決着いたしました。
義母の弟、叔父さんが旧矢部町の時代
町会議員を長くしていましたので
選挙の裏方をよく見てきました。
選挙に立候補されましたご家族の皆様の
ご苦労を察し、当選をお祝い申し上げます。
話は変わります、
芦屋田工房へご来店のお客様、お問い合わせの
お電話頂きありがとうございます。
秋の「ナスは嫁にも食わすな」と言う言葉が
ありますように一番おいしい時期のナスと
言われています。
ナスと麹と辛子で漬け込む「辛子漬け」は
絶品でございます。
どうぞ、家庭でお試しください。
   10月24日
みどり大豆ももうすぐ収穫の時期と
なります、イノシシ防御のネットを
張り巡らせていますので、
今のところ被害は出でいません。
しかし、ネットで囲いをしている側を
イノシシの足跡がくっきりと付いています。
夜、巡回しているのです、
動物の本能はすごいですよ、
トウモロコシも一番、軟くて甘みのある
そんな、2、3日が狙われているのですから。
自然相手の農業です、台風、干ばつ、
収益は少なくとも、守っていかねばならないのが
代々家を受け継いだ者の宿命です。
農業は私達の命の始まりです。
大切に続けていきます、からだの動く限り
ただ、考えた農業をしないと、からだを
壊しては何にもなりませんものね。
崇城大学の森正敬先生のお話を聞きながら
健康に気をつけて充実した生活を
求めて、一日、1時間を大切に暮らしたいと
考えるのは皆さまも同じですよね。
   10月21日


ご来店ありがとうございますこの所、
彼岸花の球根に人気が出てきました。
農家のおっかさん、できるだけの
サービスをさせて頂きます。
雨が降らない日が続きます。
稲刈り後、天気予報を気にかけ
稲ワラの乾燥、手作業による結束
それから運搬と2階の納屋へ上げる
手作業による搬送、農家の
おっかさんはたくましくなりますが
さすがに数日後にどっと疲れが来ます。
いつもはHPの更新ぐらいスイスイと
こなしていたのですが今年は疲れました、
天気が良すぎるのでしょう。
昨日、20日はボランティアのPC教室
私達は質疑応答の時間を沢山とっています。
私が行きづまった時に多くの人に
教えて頂いたように
少しでも多くの皆さまに私のわかる範囲を
教えています、もちろん私1人ではありません、
3人のスタッフと一緒に・・・・・・。
   10月18日
天気予報では17日当りから雨の
マークが出ていた為、
稲刈り後の稲ワラの乾燥と取り入れを
慌てて、作業しましたよ、無事
我が家の納屋に収納が済みました。
単純な作業ですが長時間かかること、
納屋へ手作業で持ち上げることで
私の体はロボットの体のようです。
作業する田んぼの周りは秋の気配が
漂い、ススキが夕日に輝いていました。
暑い夏もいつの間にか、紅葉の季節に
変わり、冬の準備をしている私たち夫婦です。
   10月13日
彼岸花の終わった頃は稲刈りの真っ最中
孫達が手伝ってくれた様子を写したいと思っていましたが
本番中はカメラも忘れて、連休中に(手伝ってもらえる間)
稲刈りを終わる様に私は段取りに忙しく振舞いました。
カーブミラーの下に写る写真は我が家の田んぼの様子です。
稲ワラはトウベをコンバインが立てて行きます。
3、4日で稲ワラは乾燥しますので
肥後の赤牛の餌として、牛小屋の2階へ運びいれます。


彼岸花の終わった後はタンポポではなく
黄色い花の野草が咲いていました。
その野草越しにちょっと角度を変え、
架け干しをしてある田んぼを写してみました。


公民館の傍から広がる前田
   10月9日
台風18号、被害に遭遇されました皆様、お見舞い申し上げます。
毎年異常気象で、自然界にふりまわされるのが多くなったように感じます。
怖い時代に入って行きますね。私ごとに成りますが、
いっぱいの荷物と一緒に持っていたマイデジカメ。
舗装の上へポロッと落下、アララ・・・・・・・・。
それからが悲劇の始まりです。
まさか1mも無い所から落としたくらいで、壊れるなんて?
1週間ほどは「おかしいなー、写し方がまだ分からないんだよねー」、
と思うくらいで、信じられませんでした。
どうしてもカメラの機能を使えない、もしかして!・・・
ようやく気が付く、素人の鈍いカメラウーマンさん。
新しいカメラが欲しいけど、中古の一眼レフでも
ニコンD200が欲しい・・・・・・レンズとカメラで安くて10万、
新品はもっとしますね。私にとって、現金の10万は痛いお金です。
ここはまたまた、我慢のしどころ。修理に出しましたが、
カメラが1ヶ月ほど、手元にない期間はとても寂しい、ものでした。
ようやく戻ったマイカメラ、これからはどのように忙しくても、
大切に持ち歩き、いっぱいの写真を写します。
文章での表現の苦手な、私の情報源はデジタルカメラです。


家の側の雑木にアケビが鈴なり
手が届かない処、シャッターを切っていると
メジロも食事の時間です、

私を見つけて姿消す、一瞬の事でした
ちょっとピントが合いませんでした。
    10月7日
昨日のパソコン教室は有意義な教室でした。
阿蘇の方からお手伝いに来て頂き、
とても、感謝しています。
私達の山都町シニア交流会では初心者、
軽い障害者、高齢とコミニューケーションを
はかり、元気で楽しく生活できるように
パソコンを通じ、やる気のある人のお手伝いを
することを目的としています。
おかげさまで町の教育委員会様のご協力により
防災無線等で呼びかけ、沢山の人が参加して
くださいます。対応する者が少ないため
シニアネットのMLにお手伝いの募集を流しました
所、お手伝いにお出で頂き、感謝です。
私達は家庭でパソコンを触り、いきず待った所を
この会に持ち込み皆さんで話し合う様にしています。
私はXXXが作りたいとの思いが有るはずです。
それに向かって一歩づつ進みましょう。
貴女が先生、貴女が生徒で進めています。
質疑応答で3時間は過ぎて行きます、
参加者の喜びの笑顔はかけがえのない宝物です。
    10月3日


ごめんなさい、写真がなくて
7月頃の写真です、町道の傍の土手に
咲くゆりの花、球根は増えてくれますから
うれしいですね。そろそろ、ゆりの球根も
植え変えの季節です。
今日は農協婦人部リーダー研修会。
JA上益城女性部だから広範囲の農家
婦人会のリーダーの集まりです。
農業が衰退していく中、
専業農家並び兼業農家の婦人会に
加入している人の代表です。
参加人数が少なくなりましたね、
時代の流れがはっきりと見えます。
農協、経済連の在り方が問われる
時代かも知れませんね。
農業、漁業、商工会、その中の婦人は
どのようなグループがベストなのか?
私の様に小さい農業だけでは生活できず、
勤め傍らの兼業農家は
どのグループがベストなのか考えます。
    10月1日


9月5〜6日に行われた八朔祭の
ひょっとこ踊りです、
シニアネットの方が写して下さいました。
カメラがないのは辛いです、
早く修理から戻ってほしいです。
昨日から待望の雨が降り
畑の土が少し湿ってくれました。
今日はお客様からの商品をお届けして、
久しぶりにウォーキングをしてみました。
夕食後ですから、町道の両脇では
鈴虫、ムツワ虫と、うるさいくらいに鳴いています。
でもこの環境がこころ休まるのですよね。
町主催の健康診断にて、骨祖症を指摘されて
まだ病院へ精密検査を受けには行ってませんが
食生活に気をつけて、ビタミンD,ビタミンC
それからウォーキングを心掛けています。
田舎では、町へ出かけるのには車となり、
本当に歩くと言うことが少ないのです。
10月の初め、3日坊主にならないように
からだを大切に 森 正敬先生のお話を
よく理解して食生活でからだ作りを見直します。