日記の目次へ


陽子の日記

21年5月
   5月31日
田植えが済みホームページ用のデジカメ
勉強がクラブに参加することで展示会に
提出して、自分の思いとは別に生活が
忙しくなり これでいいのかと考えさせられます。
6月からは隣町の文化ホールに
1人10点ほどを出展しました。
このところ忙しく、気合いを入れた写真がなく
今まで写してきた写真を探し出し
展示した状態です。
私としてはホームページを如何に魅力ある
HPにするかが問題なのですが。
少し頭を冷やす必要があるようです。
   5月30日
明日まで山都町観光案内所「喫茶ルポン」で
山都町フォトクラブの写真展を1か月間開催していました。
5月はたくさんの皆さまから日頃の私達の写真を見て頂きました。
明日で終わりますが、6月1日からは隣町の美里町で
展示写真を2倍にして開催いたします。
私はこのところ好い写真が撮れませんが
前写した写真を探し、出展したいと思います。

水俣のT様 納豆と漬物を配送させて頂きました。
未熟者の芦屋田工房です、アドバイスがありましたら
教えてくださいませ。
またのご来店をお待ちいたします。
   5月28日
農家が小さくて良かったと思います、
どうしてもデジカメを使いこなしたいとの
思いでKsnのデジカメクラブを訪ねてみました。
皆さん力作を持ち寄り、お互いに投票で
作品の順位を決め、最後に先生からの評価。
切り取り方(トリミング)や何を写したいのか?と
重要なコツを学ぶことができるのは
仕事に追われていてはできません。
1個づつ、1段づつ、生活が苦しい中にも
生きている楽しみを見つけています。
ボランティアのパソコン教室の方も
町の教育委員会の協力でコミニュケーションの
会場が賑やかで楽しくなっています。
   5月25日
ホームページの写真練習にクラブに参加しましたが
なかなか上手になりません。
元来、忙しすぎる私には無理なのかも
しれませんが隣町、美里町で写真の展示会が
あり、そこへ出展して欲しいとの事
好い写真がなくて困っています。
今までのを引っ張り出して、10品ほど
展示してみます、ちょっと頭が痛いお話ですが
恥ずかしながら、お受けいたしました。
旭ハランのご注文ありがとうございます。
この天気です、十分に半日蔭の場所に移され
管理してください。 旭ハランの販売は
今回で終わりといたします。
秋の植え付け用として
10月より受け付け販売を始めます。
今日からはいつでも予約をお受けいたします。
   5月23日
田んぼの畦に咲くアザミと
新しい乗用田植え機、試運転
23日から田植えを開始、1日で終わる面積です。
お米を輸入して、汚染米まで利用され、
国民はどのようなお米を食べさせられることやら。
農家は減反、減反と耕作面積を減らされ
矛盾ばかりの政策に一番振り回わされて
いるのは農家の老いた生産者ではないでしょうか。
我が芦屋田農園も山間地の場所の悪いところを
減反して、5反ほどの作付となってしまいました。
主人は勤めをしながらの田植えです。
準備に時間がかかりますが雨が降らないので
水が少なく、1枚の田んぼは稲が枯れそうです。
水の確保をどの様にしようかと考えながら
稲の植え継ぎを進めています。
   5月21日
今日はドラマがいっぱいの1日でした。
まず 水俣市から山都町の我が芦屋田工房を
訪ねてお越し頂きました、高田様 本当に
お忙しい中、ありがとうございました。
メールを頂いていますと少しは
美人に変身できたのですが素顔の私と
お化粧のできていない芦屋田工房でした。
しかし手土産まで頂き何のおもてなしも
できませんでしたが古い我が自慢の家を
観て頂き、粗茶でお話をしながら田舎を
満喫して頂きました。
お帰りになってからは天気が悪く、雷雨が
激しくなり田んぼに雨水が溜まります。
主人の仕事を交代して
主人に田ごしらえをしてもらいました。
PMの10:00まで管理人の仕事を済ませ
家に戻ると嬉しいメールが届いていました。
熊本の岩崎様から赤ちゃん牛の子名付け親
プレゼント企画で子牛の名前を「陽菜(ひな)」
と命名しましたのでプレゼントが届いたとの事。
喜んで頂き安心しました。
   5月19日
田植えの準備が始まりました。
勤めの合間に早朝より田ごしらえをする人が
増えている時代です。しかし 
山田の堤に溜まった水が流されて初めて
できる仕事なのです。
雨水と堤の水だけで田植えが始まる
原水地からの田植えの始まりです。
前田の様子と
庭のバラを写してみました。

仕事の合間の写真撮り
なかなか上達しません。
    5月14日
昨日は熊本シニアネットの総会と懇親会が盛大に開催されました。
私もシニアネットの皆さまに助けられ現在がありますので
私にできるお手伝いと言うところでパソコンの世界に入る前
日舞を7年間習っていましたので、会場の余興として
「荒城の月」を舞ってみました。
日舞を辞めて6年になりますが舞台に立つとホットするのですよ。
皆様からの拍手が快感に感じるハンドルネーム「ワンちゃん」なのです、
農家の嫁さんを忘れる一瞬です。
総会から帰ってパソコンを開いてみますと思わぬご注文「彼岸花の球根」
芦屋田農園の方の商品の注文が届いていました、ありがとうございます。
    5月11日
このところ晴天が続きます。田んぼでは
畦を塗る機械が昨年より共同購入され
この写真のように奇麗にそして水持ち抜群
助かります、私の仕事としてアゼナミを
1人で張っていました。辛い仕事でした、
1枚の田んぼにぐるっと円状に
張っていましたから。
機械の力はすごいの一言
今も昔もお金がモノ言う時代なのです。
悲しいですね。
サー明日は加工品作りに頑張ります。
ご注文ありがとうございます。
   5月9日
肥後の赤牛の赤ちゃん牛の子に「プレゼント
企画」を取り入れ、牛の子の名付け親募集を
始めました。女の子牛です、
かわいい名前を募集いたします。
私が1人だけの時、母親牛のお産が始まり
最初に出てきた子牛の足を親のりきみと
一緒に引っ張り出して、ようやく無事
産まれ出た子牛を親牛と一緒にふきあげ
立ち上がると親牛のおっぱいを探しに
動き出したかわいい子牛です。
山都町にもシャクナゲの花が咲き、通潤橋も
連日観光客でにぎあっていました。
   5月7日
ゴールデンウイークが済み孫達が居なくなると
空気の抜けた風船みたいに
家の中がシーンとして寂しさが漂います。
しかし 肝っ玉おっかさんは大忙し、
ボランティアのパソコン教室、婦人会の
軍人墓地、清掃、そして、ほん星の農作業と
加工品作り、人生1度きり、気持ちで楽しむ
生活をしています。
昨日は肥後の赤牛の赤ちゃんが生まれました。
我が家にも家族が1人増えたのです。
孫達と入れ違いに誕生しました、女の子でした。
さて、名前を何と付けましようか。
パソコン教室 GW中の開催となり申し訳ありませんでした、10名近い参加者でした
   5月4日
福岡の方から孫達が来ています。
それでも主人達は芦屋田地区の水路工事
この連休の地区全体の人が集まれる日で
田植え前の田んぼに水路の水が流れて
こない日と限定されるからこの日に成った
訳です。久しぶりの雨の中芦屋田地区の
男衆がダンプ、重機、その他もろもろの器具を
使いU字溝を入れていきます。
農家の人はほとんどが土建業の経験者です
ので、手際よく水路工事が進められていました。
私は8ヶ月の孫を抱いて久しぶりの子守ですが
孫の重さに悲鳴をあげ、
すぐに娘に渡す肝っ玉バアチャンです。
   5月2日
    


100年物のヒノキの板は乾燥中です。
ゴールデンウィークに入り高速道路は
料金が安くなったことで渋滞になる
ところがあると言います。熊本県の
山都町も観光名所の通潤橋は大勢の
人でにぎ合っています。すぐ側の
山都町観光案内所「喫茶ルポン」に山都町
フォトクラブ写真展を開催いたしました。
私もデジカメの勉強に参加しているのですよ。
時間の許す方は是非、お寄りください、
素人の写真愛好家数人で展示しています。
この数日晴天が続きます、我が家では
数年前台風で倒れた100年物のヒノキを
製材して板を取り、庭に天日干しをして
乾燥させています、使用方法は
90歳の爺ちゃんが決めます。
芦屋田工房TOPへ