日記の目次へ


陽子の日記
21年6月
    6月28日
昨夜は芦屋田地区の1家族の叔母様の
通夜がありました。
遠方に嫁がれ余生をこの思いで多い故郷で
過ごされ、一生に幕を下ろされました。
身内だけの式でありましたが私の最後も
このように身内だけに送ってもらう時代に
なるのではと思います。山都町から山を下って
隣町の美里町へ山中をクネクネと車を走らせて
いますと視界が開け前方に九州中央山地の
内大臣の山々が雲の間に姿を見せ、
これに光がさしてくれれば、最高の風景に
成っているはずですが今日は雨上がりで
まだ光を望む事ができませんでした。
    6月24日
待望のまとまった雨が降り、カラカラに乾いていた大地は
潤いの湿りとなり我が芦屋田地区の婦人部は公民館前の花壇に
夏の花を植え替えました。このような活動は集落のコミニケーションの
場となり、農作業に忙しい婦人部の顔合わせでもあり、話が弾みます。
私は忙しい1日で午前中は熊本シニアデジカメクラブへカメラの勉強へ
出かけ、戻れば、農作業の田んぼの草取り作業が待っています。
いわゆる「田ン草取り」この仕事はズート前かがみ、腰が痛くなります。
田んぼの草を袋に入れながら進み100b程進んだ頃は
袋の中にはいっぱいの草で重くて田んぼの中を引っ張って進みます。
この作業を1日〜3日も続ければ、他の仕事を見つけて逃げ出すのです。
自然相手の農作業、ダンダン腰が曲がったオバサンに成ってきました。
    6月21日
山都町の通潤橋前にある町営体育館で
球技大会が行われていました。
アルバイトの管理をしながら
ちょっとだけ写真の練習
動いているボールを捕らえる事と
室内の電気の光をうまく取り込めるか
何回かシャッターを押してみますが
なかなか上手には撮れません。
しかしソフトバレーボールで楽しんでいる
人達を見ていると遠い昔の青春時代
勤め仕事が終わってからの
バレーボールで汗を流した姿が目に
浮かびます。話は変わって、
納豆が出来上がりました。
自信作です。ご注文をお受け致しました
お客様へ配送いたします。
    6月19日
主人は姉さん家へ田植え機械を持って
田植えに出かけました、
私は留守番でいろいろな仕事に追われています。
その中で家庭用スイカの下に敷く敷き草集めも
1つの大変な仕事です。
稲ワラを敷けば簡単ですが肥後の赤牛の大切な
餌です、雑草を切ってスイカには敷かせワラの
代わりとしました。
この天気で兜と言う名前のスイカはぐんぐんと
成長しています、孫達が喜んで収穫する日を
思い浮かべながら、敷きワラ入れをします。
今日も雨が降りそうにありません。
そんな中で私はみどり大豆の選別、蒸し方、
納豆室での作り込みと近いうちに老人ホーム
慰問へ出かける為、ラジカセで日舞の曲を聞き
ながら納豆作りに入ります。
    6月15日
雨が降ってくれません、畑は耕すたびに
草が無くなりますので助かりますが、
田んぼは田植えがすんだばかりで
水が一番欲しい時、
梅雨なのに雨が欲しいこの頃です。
今日は熊本市内の方へ
プリンターを頂きに出かけました。
熊本シニアネットの方で新しく購入された
とのことで、古い方を分けて頂きました。
明日の山都町シニア交流会のパソコン
教室に持参して参加者がプリントできる
ように活用したいと思います。
写真は里芋とナスの成長の様子です。
黒マルチを張ることで後からの草取り
時間が少なくて助かります。
    6月13日
つばめの巣立ち、ようやく飛び立った
ものの 「ちょっと休憩」
カメラを向けるとすぐに飛び立つのですが
ちょっとの間、カメラに納まってくれました。
まだ動いている姿を写す事ができない
オバサンカメラマンです。
岡山県倉敷市のUさま 
ご来店 ありがとうございます。
九州のど真ん中、小さな小さな農家で
HP上にお店を出している、肝っ玉
おっかさんです、よろしくお願い致します。
     6月10日
山都町の通潤橋前にある資料館では藁ぶき屋根保存の為
室内で火を焚き資料館内のいぶしを行っていました。
我が家も昔は囲炉裏が在り、大きい松の木で作った梁などは
黒く、光っています? ちょうどカメラを持っていましたので
写してみました。今日は梅雨入りとなり雨が降ったりやんだりと
上手には撮れませんでしたがこの様な風景も
なかなか出会う事がない1枚となりました。
    6月8日
このところ私の写真は庭の花達となっています。
朝露に射す朝陽は何回写しても好いものです、
しかし、なかなか満足のいく写真は写せません。
カメラを操作することは難しいですね。
話は変わって 大豆を水に漬け一晩置きます、
明日は朝から大豆の蒸し方から始まりますが
蒸す前に大豆の最終チェックを全数行います。
安心、安全の私だけが作る限定品は
この後、納豆室で大豆達は一夜を過ごします。
人間の目視チェックは見逃すものです、
私は3回チェックすることで良品だけの
みどり大豆を納豆に作り上げています。
2日前にご注文頂きましたお客様 11日には
出来上がります、もう少しお待ちくださいね。
    6月6日
雨上がりの庭の花達はカメラに投げキッスをしてくれているようでした
今日は主人達の還暦祝い、遠方においでの友人の皆さまも
昨日より、国民宿舎「通潤山荘」に宿泊して見えるようです。
奈良の中村様、大阪の村上様、電話ありがとうございます。
月日の経つのは早いものです、まだ 後ろ姿に歳を感じる
体型ではありませんが、前から見る姿は歳相応ではないでしょうか。
それでも還暦から「第2の人生それとも第5の人生」が花開きます。
「目標を持って前進のみ」な〜んて、こんな事を言うと主人に怒られます。
    6月3日
今年は田植えが5月の内に終わり、カラカラ乾いた田圃を見ながら悩んでいましたが
6月の3日 ようやく待望の雨が降っています。ちょぼちょぼとした降り方ではありますが
田植えを済んだ湧水頼りの水田はようやく水が潤ってくれました。
そんな中、2日の日は毎月2回行っています、ボランティアのパソコン教室。
山都町の教育委員会も協賛して下さる様になり、月1回 有線放送で参加を呼び掛けて
頂き、現在は15名ほどのメンバーが集まります。お互いに教え会う教室、
「あなたが先生、あなたが生徒」私達は軽度障害者、高齢者、そしてPCに興味を
持っている人の集まりで、楽しくコミニュケーションを図りながら教え会い
こころの生きがいを目指す楽しい教室です。