日記の目次へ


陽子の日記
22年8月
   8月25日

     町の貯水タンク
(建設前は我が家の所有地でした)
山都町の「いきいき大学」1年生、教養科の
研修日でした。
還暦を迎えた私は4月から入学いたしました。
目的は毎年我が家の軒下に植えている
園芸の菊の花を上手に作りたいが為に
「いきいき大学」の園芸科で勉強する事です。
1年間は教養科で色々な勉強で、
60歳から80歳までの20数人が1クラスと成り
色々な交流会を兼ねた研修学習です。
今日は清和の「大川阿蘇神社」から馬見原の
歴史、探訪、その後、蘇陽峡散策と
楽しい1日を過ごす事が出来ました。
   8月21日
ニコンD5000のカメラが届きました。
早速、畑へ出かけ黒大豆の花を
写してみました、初めて手にした1眼レフ
のカメラ。素人の私が1眼レフのカメラを
購入するなんて、不思議ですね。
パソコンの世界は水に石を投げかけた様に
1個から2個へ2個から4個へと輪が次から
次へと思わぬ方向へ環境が変化していくのです。
今日から1眼レフの勉強です、カメラと説明書との
にらめっこに成るでしょう、読んで理解することの
難しさに挑戦です。
   8月19日
私は家庭で出来る仕事として、
インターネットでの販売を考え
ホームページを作る勉強に入りました。
カメラを触ったことのない農家のおっかさん
最初はベスト電器でオート撮影機能だけが
付いているカメラを購入しました。
初めてのホームページへおそるおそる写真を
UPして喜んでいましたが「ホームページは
写真が命だよ」とアドバイスを受け
私が購入できる金額のカメラを見つけて頂き
「ニコンCOOLPIX5700」を使い始めました。
色々な思い出のあるカメラですが7年間
片時も私の側から離れること無く
ようやく、少しだけ操作が分かるように成って
きたのですが画像取り込み量が少なくなり、
このカメラを卒業することにしました。
操作が簡単と書いてある「D5000」が
マイカメラになります、とても楽しみにしています。
   8月16日
昨日の夕方、2家族が戻り、我が家が急に
静かになるとセミの声までもが悲しく聞こえます。
芦屋田地区の町道には地区員が力を合わせて
植えたは花達が笑顔で御迎えてくれます。
さー、お盆休暇も終わり、我が家でも肥後の赤牛の
餌「トウモロコシ」植えが最終日に
差し掛かっています、この植え付けは
秋の霜が降りる前に食べさせる餌になります。
主人と2人で植え付けに出かけてきます。
夜、水俣のお客様(Tさま)から花火の写真を添付で
頂きました、嬉しい事です。
皆様に助けられて現在が在ります、
感謝でいっぱいです。
    8月14日
福岡県から高速バスで1人早めに来た孫は
熊本の従妹と合流、芦屋田工房の坂本家は
90歳と60歳の老人家族から2歳の孫を
底辺に3歳、7歳、9歳と昼も夜もおおにぎあい。
今夜は庭でバーべキュウ
この雰囲気を子供達は好きなのですよね。
大人もこれ幸いに飲み物が進みます。
お隣の孫さん達も顔を出して交流会、こうゆう
雰囲気がいいところでしょう。
私はちょっと抜け出して納豆室へ出かけます。
納豆室から納豆を起こす時間です。
カメラを手にして忙しいバアチャンです。
    8月12日
8月に入って初めての日記と成ってしまいました。
怠け癖が出始め、自分自身をコントロール
出来なくなり、情けないです。
皆様のお陰で手作り納豆が好く売れています。
漬物屋さんで無く、納豆屋さんに成っています。
家の大掃除もしなければなりませんが
みどり大豆の選別に時間がかかりますので
お盆休みで帰省した娘達に御はちが回ります。
3歳6歳9歳の孫達の声で肥後の赤牛も
声を上げて喜びます。