日記の目次へ


陽子の日記
23年 12月
 
 
  12月17日
 
   今朝はこの冬一番の冷え込み昨日からチラチラ雪の舞う日々となりました。
後2週間もすればお正月ですね。
1年の流れが驚くほど速いのに震災から9ヵ月被災地の方々を思うと少しばかりの
お手伝いでは何も変わらないのでは
無いかと心が痛みます。
農作業を主とする私はなかなか遠方へ
出かけて写真を取ることはありません、
家の周りの写真が多く、同じ山都町内
の写真すら写すチャンスが無い状態です
山都町の近況をお伝えしたいと思い
ながらこの頃はすっかりずるけて
いました。手作り納豆とその納豆用
緑大豆の収穫、彼岸花の園の草取り
今の時期が彼岸花は葉が青々と
成長して植えている場所が明確になり
手入れがしやすいのです。
旭ハランは花の少ないこの時期に
癒しの環境を作ってくれます。

     
 
 
   12月3日 
 
早いもので12月になりましたね、1年の流れがとても早く感じるのは私だけでしょうか?
周りの風景もすっかり冬の準備を始めています。この時期は
彼岸花、旭ハランの植え付け時期です。高知県の方からご来店頂きました。
感謝いたします。敬老会、1人ぐらしの集い等にアトラクションで
日舞を披露させて頂いたり、庭の菊の花達を見に来て頂いたりと
私にできるボランティアを行っています。
我が家から見える風景は心を和ませてくれます。