日記の目次へ


陽子の日記
23年 5月

 
 
   5月25日 
 
    この所すっかりHPの更新が滞り
申し訳ありません。
時間はあっと言う間に過ぎ去り
今年も田植を始めています。
今年は例年になく雨の少ない年で
雨水と湧水とでしろあけをしている
我が家では厳しい田植の時期と
なりました。
前田では山田の堤(溜池)から流れる
水がありますが裏田の田んぼは
パラパラの雨でどうする事も出来ず
苗は庭で田植を待っています。 
22日に帰省して田植を手伝っていた
3歳の孫は農家のトラクターが大好き
庭に止めてあるトラクターに載って
気持ちは大人顔負けの
インストラクター。
 
     田んぼに並べていましたが
野床にも水が来ましたので
しろあけです。
野床に置いてあった苗は
すべて我が家の庭へ運んで来て
水管理をしてあげます。
明日あたりは雨が降ってくれれば
いいのですが!!
     
   5月14日
 
 

スイカの苗の周りには稲ワラを敷き
20本のスイカ苗を植えてみました。
孫達にスイカ収穫の楽しみを
共に喜びたいとの思いで
たくさん作ります。
チヨロギも成長しています。
  「ゆかたボランティア」の方は
たくさん集まりましたので
ちょっとの間ストップをし、
私は農作業に専念します。
「スイカ、ウリ、キュウリ、かぼちゃ、
レタスにナス、それから
我が家の軒下に色とりどりの花を作ります。
「菊の挿し芽」を毎年挿して
苗を作るのですが今年は
ちょっと大丈夫かしらと言う状態です。
現在はトマトの定植の準備中、
少しだけのトマトですが
穴を深く掘り、その中に牛の堆肥を入れ
石灰を入れて土を戻しマルチビニル
を張り、ビニールハウスを建て
トマトハウスの出来上がりの予定です。
明日はトマトの定植まで進むかしら!!
 
 
 
  5月6日 
 
ゆかた、着物ボランティアでは
多くの人の協力を得まして
約400着以上の物品が集まり
熊本シニアネット本部へ送りました。
本当に震災に対する思いは
多くの人が何かをしてあげたいと言う
考えである事が分かります。
協力頂いた皆様には
経過報告を公開して、お礼と
しています。
農家の仕事も忙しい時期を
迎えています、楽しみながらファイト。

庭の片隅にタンポポの花が
種子を飛ばす準備をしています。
今日のこの風に乗って
どこまで飛んで行くのでしょう!!
朝陽を受けて輝いています。
 
   5月2日 

いらっしゃいませ、今日は唐津市の方から200キロかけて
芦屋田工房へご来店頂きました、Y様ありがとうございました。
彼岸花の球根、旭ハラン共、この時期が植え付けに
最適な時期であります。どうぞ、安心して植え付けて下さい。
私の方は手作り納豆の仕込み、「ゆかたボランティア」と
農業の苗代の種まき、家庭菜園の植え付けと
毎日が楽しく忙しい日々を過ごしています。
どうぞ、ご来店の折にはメールまたはお電話を頂けますと
迷わずにご来店頂けます。
なにぶん、看板等は表示していませんので
とても分かりずらいと思います。
携帯電話  09094821405 
是非 お電話下さい。
 
    ごめんなさい、写真のピントが合っていなく
大切な記念写真が台無しです。
ゆかたボランティアで協力して
頂いたJA婦人会の皆さんです
。 
この写真も上手く撮れていません。
仮屋地区の皆さんです。
 

芦屋田工房TOPへ