日記の目次へ


陽子の日記
23年 9月
   9月25日 
 

15日の台風では多くの方が被害を受けられお見舞い申し上げます。
私達の方は急に寒くなり、91歳の義父から「オイ、もうコタツを出さんと寒いぞ」と催促
我が家は冬支度が始まりました。 23日のお彼岸のお百度参りが済むと
田んぼの水落とし、山合いの田んぼはこの時期に湧水がします。
手溝(田んぼの中を手で溝を掘る)を作り田んぼの横の井手へ水を誘導します。
これとイノシシ対策は山間部の宿命ですね、美味しい米を作るのは大変なことです。
 
     
     
    
茶の間にコタツを準備しました、
家の周りには秋が足音を立てて来ています。
私の楽しみの菊の大輪がようやく蕾を付け
始めました。Bナイン(矮化剤)の量が不足
だったようでなかなか上手に出来ないようです。
100鉢程の菊は花を付けるのが楽しみです
。 
 
  9月15日 
 
 
 庭の花達を写してみました。
バラは菊の苗作りの時、ついでに10本ほど挿し芽をしていました。
現在は小さな鉢で可愛いい花を咲かせています。軒の下には大輪用の菊の苗が
所狭しと並び秋を待っています。先日は小国町の方から「HPを見たので」と
芦屋田工房へお越し頂き、商品をお買い上げ頂きました。
ちょっと離れていたHPを更新し、気分をリフレッシュしました。
 
     
 
  9月10日
 
    9月に入り運動会の季節。
今日、土曜日の晴天の中
山都町の中央体育館では
浜町乳児園の運動会が
にぎやかに開催されました。
小さな子供達の動作、笑顔
ダダをこねてる子、1人、
1人の表情がとても愛くるしく
幸せな気持ちに成る事が
出来ました。沢山の若いおじいちゃん、
おばあちゃんが声援を送っていました。
乳児園の先生、ご苦労様でした。
 
 
  9月3日 
 
     今年の八朔は台風の影響で雨
それでも小雨の中、3日は踊りから
4日の造り物の引きまわしと多くの
人を呼び込み盛大に開催されました。
私は少し体の調子が悪く
参加できませんでしたが芦屋田地区の
本田さんより八朔の様子を写して頂き
写真をUPする事が出来ました。
ありがとうございます。もうすぐ
関東大震災から半年が過ぎようと
しています、まだまだ復興には
程遠いようです、ありふれた言葉ですが
前向きに頑張りましょう。
 
     
上部の守護神仁王が今年のグランプリの金賞に輝きました。
大阪の国立民族学博物館に常設展示されることが決まったそうです。
山都町の大造り物が大阪に行って矢部の八朔祭をアピールでき、嬉しいですね。