日記の目次へ


陽子の日記
24年 12月

 
  12月21日
 
    お久ぶりです、この所 PC環境に
入る事が少なくて申し訳なく思います。
早いものでもうすぐお正月
秋を彩った大菊の後片づけも終わり
家の大掃除やら、肥後の赤牛の出産と
毎日バタバタしている中で晩秋の大豆の
収穫するために太陽の日での乾燥が
必要ですが2、3日おきに降る雨には
対策が無く悲鳴をあげています。 
 
 11月1日から始まった山都町の菊華展
から現在まで我が家の大菊達は美貌を
振りまいてくれています。
ほとんどの菊達は栄華を振りまいて
去って行きましたが形の悪い菊が
まだ数本玄関に残っています。
これでもこころ癒されるものですよ。
上の写真は我が家の裏手に有ります
杉の木の間を西日が光りの帯となり
射し込んでいましたのでちょっと
カメラを取り出して写してみました。
この様な風景はあまり見る事がない
感動の写真です。
   
 
     現在 、お客様には申し訳ありませんが
1週間ほど手作り納豆が品切れとなる
事をお許しください。お正月には
間に合う様に大豆シノを進めます。
今年の大豆作りは6月に種を播いた後の
大雨の為、発芽が出来ず、またその後、
畑が田んぼの様に水が多く、
梅雨の間は種まきが出来ませんでした。
7月に入り梅雨の
切れ間にようやく播いた大豆の種は
発芽時をイノシシに掘られ全滅、再度
電朴を張り回し、種まきを済ませたのが
7月20日頃からは実が取れるか心配でした。
晩秋の霜の頃ようやく葉が落ち、収穫をと
思いきや天候に恵まれず
悪戦苦闘の大豆収穫をしています。