日記の目次へ


陽子の日記
24年 1月
 

 
 
 
 
   1月20日 
 
     
 今日は肥後の赤牛の肉を使った料理講習会
農家の主婦が中心の料理は家庭にある
いつも使い慣れた食材を使い、熊日韓国料理教室を
開催されています「沼田峰子先生」のもと「牛肉のスタミナ炒め」
「牛肉スープ」 それに芋煮、デザートとして「タルトタタン」
肥後の赤牛の肉をたっぷり使い贅沢な簡単に作れる
料理、その上、だしの元を使わない講習会でした。
韓国料理では牛肉のスープはお酒の飲み過ぎの酔い覚ましに
効果があるとの事、これも実センできますね。
   

タルトタタンはオーブンなどで作りますが
今回は誰もが持っているフライパンで
作りました、美味しいのが出来ましたよ 
 
     
 
   1月15日
 
 お正月が過ぎて14日に芦屋田地区でドンドヤが行われました。
お正月の飾り物とか農道へ差し掛かっている雑木とか
田んぼを蔭するクヌギとか集落全員が沢山の木々を持ちより
参加出来る人々が大きな機械を使い作りました。
今年は材料が多すぎた為、2か所にドンドヤを作り
11時頃から燃やし始め、次の日まで残り火がある状態でした。
どんどやはお正月の顔合わせの様なもので
夜はかっぽ酒がだいぶん進んでいました。
     
 
    1月8日 
 
      昨日は寒かったですね、朝、眼をさまし
布団の中からデジタル時計を見ると
気温が-2度、みのむし状態で布団から
抜け出すのに時間がかかりました。
築150年を過ぎた我が家は隙間が
多い為 、この様に冷えるのですよ。
たぶん、外気は-5度以上に冷えた
のでしょう。水道は少し流していました
ので凍結は免れました。30数年前、
お嫁に来た当時は12月中頃から
水道管破裂があったものです。年々、
温暖化で気候が変化しているのを
感じます。庭の枯れた紫陽花が氷の
中の花の様に感じましたので
写してみました。
 
 
廊下のパソコンを置いている場所
から朝陽を写してみました。
軒先に垂れる溶けかけた屋根の
雪に朝陽が輝いてくれます。
いつも廊下で寒さに震えながら
パソコンを打つのですが今年は
無線LANを使いコタツへと移動しました。
しかし、電波が弱となり 難しいですね。
寒さに震えながらも安定した電波の
供給がいいようです。今日は主人と
山仕事、大きいクヌギの木を倒しました。
田んぼが木の陰に成ってしまうからです
日当りが良くなったのと「ドンドヤ」用の
材料が集まりました。
 
    1月4日 

明けましておめでとうございます、孫達が来て賑やかだった日々が過ぎ
全国的な大雪で、非常に寒い朝を迎えています。昨年は大菊作りと
韓国ドラマ(インターネット無料サイトギヤオ)に夢中になり、
時間の使い方にロスが出ました。今年はどの様な年になるのか
自分自身の意思の持ち方次第ですね。いつもの風景ですが
家の周りと孫達の凧揚げ、庭の花とお隣さんの肥後の赤牛を
写してみました。昨夜、年初めの納豆を寝せてみました
明日が蔵出しになります、いいアンバイに納豆ができますように!
(良い納豆が出来上がりますように)

     

 
 
我が家の隣に地区の方が肥後の赤牛を放牧されています。可愛いでしょう。