日記の目次へ


陽子の日記
24年 2月
 
 
 
 
    2月28日
 
 昨日は春の様な日よりと思いきや
夕方からはマタマタ寒さがぶり返し
ファンヒーターに寄り添う私です。
午前中は彼岸花の球根を配送し
残りの球根を「彼岸花の園」にお礼返し
で植えて行く。「彼岸花の園」の隣には
梅の木が春を待っているかと思って
いましたら、なんと「1輪の梅の花」が
春を告げていました。でも今日(28日)
から冷たい雨が降っています。この
梅の花は寒さに震えていることでしょう
 
 
 
 
梅の木の蕾を探してみると春を呼び込む
ように次々と可愛い蕾を見つけました
 
 
 
     私が住んでいる芦屋田地区は
14の農家が集まる集落です。
この集落に残る若者は少数であり
65歳を過ぎた世帯の農地で場所の
悪い所は煤竹が入り、獣達
(イノシシなど)の楽園と成り
つつあります。5年先、10年先を
考える時、この芦屋田地区は!
山都町は!そして日本は!
政治の事など分からない私ですが
経済だけでなく全てにおいて、近い
未来が怖くなるのは私だけでしょうか?
 
    2月19日 
 
     

 この所湯たんぽを手放す
事が出来ない冷え込みです。
18日の夜10:45分寝室は
1、2度の室温です。
次の日の朝はマイナス1度
室内の温度がこれだけ冷えると外温はマイナス5℃くらい?
バケツの水がカチカチに
凍っていました。
 
18日の夕方から綿雪が降り出し
1時間ほどで一面すっかり雪化粧
上記の写真は今朝(19日)の
町道から写した写真です。
桜の木越しに前田の風景を
写してみました。
今日は菊の花の肥土作りの為
落ち葉拾いに出かけました。
トラックで農道に出かけ、クヌギの
木の下に沢山の落ち葉があります
のでかき集めて持ち帰ります。
米ヌカと肥後の赤牛の堆肥とを
適量に混ぜ醗酵させます。
陽子流の肥土作りです。 
   
18日夕方

我が家の台所から見た、隣の庭の雪
 
     
 
   2月16日 
 
 
我が家の庭の表情を変える姿と
納豆をお届する時、国道の途中にある
龍宮の滝の様子を写してみました。
いつも、カメラを持って出かければ
いいのですが、なかなか、物忘れが
ひどく、ようやく写せた一枚です。
今の時代、メモリー容量が大きく
なっていますので、写真も
少し、きれいに見えるようにしてみました。 
東北に比べるとはるかに少ない雪ですが
九州では多い方だと思う雪が
この日も薄らと庭を覆い、気温はマイナス度
嫁いだ頃はこの寒さに震えたものです。
 
 
    2月13日 
 
 

 山都町には色々な神秘的な自然が残っています
しかし、何がそれなのか分からないのですよね
自然に 溶け込み過ぎている私には!
人工的に作られたコンクリーの容器
ずーと昔に作り、水を貯める入れ物として使われ
てきた、この水瓶もその一つにならないでしょうか?
龍宮の滝の横に据えられ絶えず水を受け止めて、
多くの人々が水に接することができるように配慮し、
滝を見つめてきたこの水瓶に愛着を感じました。
   
 2月11日、国道の横の川の氷柱はまだ
残っていました
 
    2月10日 
 
私は60歳を待っていて老人大学に
入学いたしました。
菊の大輪を作りたかったからです。
老人大学では名称を
「いきいき大学」と言い、色々な
活動をされています。
パソコン関係で「熊本シニアネット」に
参加したことで多くの事を学んだように
「いきいき大学」に入学することには
何の抵抗も無く、現在2年目が過ぎ
多くのお友達ができ、菊花作りに
燃えています。 
菊作りも冬場はできませんので
カズラ工芸を楽しみました。
   
寒い日の朝陽はとてもきれいです 
 
 
とても冷えた朝、川に下がる氷柱         カズラ工芸を楽しむ菊作りのメンバー

   2月2日

ご来店ありがとうございます。
豪雪に見舞われました皆様にお見舞い
申し上げます 。
九州の山都町、芦屋田地区も高冷地の
為、毎回積雪が有ります。
今夜からの冷え込みが心配です。
私達の方でこれほど心配するのですから
震災を受けられた仮設住宅の方は
とても辛いものだと思います。
どうぞ、何もできない九州の方からも応援
していますので、楽しみを見つけて
頑張って下さい。2月に入り、雪の為、
牛小屋で私も見つめてくれている子牛を
写してみました、癒しの写真となって
くれれば幸いです。
   
 産まれて7ヶ月目の肥後の赤牛「博輝」です


     


     
1月の末、29日に
 義母の7回忌を済ませ、ほっとしました。
1月26日からの大雪で大阪からの義弟
夫婦が無事に義母の法事に参加できる
のか心配でしたが当日は快晴で老いた
叔母さま達も全員集まって頂き、
無事法要を済ませる事がで来ました。
法要後の粗食は国民宿舎「通潤山荘」
にて食事を取りながら義母の
思い出話を盛り上げて頂きました。
今回は嫁の私の実家の代表として
姉夫婦にも参加して頂き、
昔をしのぶ時間となりました
今日はまたまた寒冷前線が下りて来て
全国的に大雪との事 、新潟、東北の
皆様のご苦労をお見舞い申し上げます。