日記の目次へ


陽子の日記
24年 4月

 
   4月30日 
 
    今日 30日で4月は終わります。
2回目の春の嵐が吹き荒れて外では
ヒュウヒュウと風が音を立てて草木を
なびかせています。この所すっかり
ホームページの更新を怠り、だらしなく
なった自分に言い聞かせている所です。
この間にも沢山のお客様にご来店
頂き、ありがとうございます。
先日の強風と今回の強風で旭ハランの
園は杉の葉や枝が落ちかかり
メチャクチャの状態で復旧に時間を
掛けている状態の月末の日課です。
 
   
庭には花達が咲き乱れているのに、
風の無い雨で有れば嬉しいのですが
ブロック塀の上においているプランター
などが強風で飛ばされないか心配
する程の強風が暴れています。

 
 
 


土手のシャクナゲは強風で花弁が
飛ばされています。 菊の大輪 作りの為に
私が1人で作った手抜きのビニールハウスは
強風の為、今にも飛ばされそうなので
ロープで押さえをしてみました。
5月の連休に入る頃は田植の準備の為
田んぼの周りの草切りから始まります。
高冷地の為、田んぼには傾斜部分が
多く、足場の悪い中、1日2日と畔の
草切りは続きます。私の体も1年々と
無理が効かなくなって、すぐに休憩です
 
   
 
   4月18日
 


今年も2組のツバメ達が我が家を住居に
して巣作りに励んでいます。
雀とツバメの声にこころ癒されます。
写真を取ってみるのですが
カメラを向けただけで逃げてしまいます。
可愛いですね 
   

 八朔際で作られた作り物と石橋から放水
される様子を見る観光客
 
ご来店ありがとうございます。
日本全国の方とお友達になれる
幸せはインターネットのお陰ですね。
とても感謝いたします。
旭ハラン、彼岸花の球根、手作り
納豆と私のこころをお届けできて
感謝でいっぱいです。我が町、
山都町の桜前線を写してみました。
今と言う季節は沢山の花に囲まれ、
鳥たちはさえずり、桜吹雪の中で
最高に幸せな空間を皆様に
おすそ分け致します
   
 
 

我が家は150年をはるかに超えた古い民家です。
夏は涼しくて住み心地は最高なのですが
冬は隙間風で震えてます。でもこの家が大好きです
ただこの家を好きな住民がまだ他にもいる事が
問題です。そう、ネズミさんです。障子、
ふすま等の建具は少し家が傾いているのでしょう
上部とか下部に隙間ができます。
その隙間をネズミさんが「こんにちは」と訪問です。
隣が牛小屋なので牛の餌「稲ワラ」の残り稲を
食べつくし、母屋の方へお出ましです。

   
 
     
 
    4月7日
 
     

 春の嵐が去って、ぽかぽか陽気に桜の花も
駆け足で咲きはじめました。
庭の花達が競う様にして1日々と沢山の
色を楽しませてくれます。
沢山の皆様にご来店頂き、感謝いたします。
農家の仕事はいっぱい有りますが
今は菊の大輪用「ハウス」作りをして
苗用の「菊の株」を手作りしたビニール
ハウスに移し、本格的に手入れを
始めした。今年は菊作りの様子を
フォルダーにUPしようと思っています。
菊の花作りに関心ある方は見て下さいね。
 
 
 
     手作り納豆作り、旭ハランの手入れ
肥後の赤牛達の手入れと24時間が
足りないくらいです。
庭の花達も植え替えをして
見た目をきれいに並び変えたいのに
花が終わると何処に何色の花が
あったか分らなくなります。
田舎はいいですよ、野焼きが済んだ
草原にはぜんまい、ワラビが顔を出し
野々花達がほほ笑んでます。
是非、芦屋田工房へ遊びに
お出で下さいね、
お茶など飲みませんか
 
 
 
 
 
芦屋田工房TOP